センサーの txlogd.conf ファイルの編集

Sensor設定ファイルのtxlogd.confには、SensorがData Workbenchサーバーとの接続を確立する際に使用するパラメーターが含まれています。

これらのパラメーターには、サーバーのアドレス、ポート番号、通信プロトコル(HTTPまたはHTTPS)が含まれます。 設定ファイルには、ログコンテンツのフィルタリングオプションと、対照実験情報も含まれています。 対照実験を使用すると、サイトデザイナーは、すべてのサイト訪問者のサブセットに対して、コンテンツやデザインの変更をテストする実験を実行できます。

data workbench serverのIPアドレスやSensorの名前など、他のtxlogd.confパラメーターを変更する場合、txlogd.confを更新版に置き換えれば、Sensorが自動的に変更内容を取得します。 一部のシステムでは、Webサーバーまたはトランスミッタープロセスを停止しないと、ファイルの編集や置き換えができない場合があります。

txlogd.confを開いて編集するには

  1. Sensorインストールディレクトリを参照し、txlogd.confファイルをテキストエディターで開きます。

  2. 必要に応じてファイルを編集します。

  3. ファイルを保存して閉じます。

    • 対照実験設定ファイルの場所(txlogd.confファイルのExpFileパラメーターで定義)は、Webコンテンツ開発者がアクセスできる、またはコンテンツ管理システムが制御するWebサーバー上のディレクトリにある必要があります。
    • ExpCookieURLパラメーターの値は、Webサイトのテストに使用される仮想ページです。 そのページにアクセスするユーザーには、新しいトラッキングIDが付与されます。

txlogd.confの使用に関する詳細は、Adobeコンサルティングサービスにお問い合わせください。

このページ