原因の把握

Webサーバーの問題の解決に関する情報(Webサーバーがローテーションから取り出された場合や、Webサーバーに障害が発生した場合など)。

Webサーバーがローテーションから取り出されたとき

サーバーのプールからWebサーバーをローテーションから取り出し、それ以外の場合は、定期的なハートビートを送信するトランスミッターに接続する際には、基準時間は常に最新の状態に保たれ、誰の介入も必要ありません。

Webサーバーの障害

Webサーバーが重大なエラーにより完全にオフラインになった場合、またはデータやハートビートを送信しなかった場合、data workbench serverの基準時間は停止し、認識対象のすべてのデータソースから最後にdata workbench serverがデータを受信した時間を表します。 システム自体は引き続きデータを処理しますが、Data Workbenchでは引き続き分析できますが、data workbench server内で基準時間に基づくものはすべて機能しません。 例えば、基準時間トリガーレポートでは、を使用して、多くの派生ディメンションをシステムに作成します。 基準日時が停止した場合、レポートはトリガーされず、これらの特定の派生ディメンションは使用できません。

例えば、WEB2が6月15日にオフラインになり、5日間データを送信しなかった場合、基準日は6月15日のいずれかになります。 例えば、昨日のディメンションは、今日の日付が6月20日である場合でも、6月14日になります。

このページ