問題の解決

障害が発生してWebサーバーがオフラインになった場合、このソリューションは、Log Processing Mode.cfgファイルを開き、SensorのID(例えば、WEB2)を「Offline Sources」セクションに追加する適切な権限を持つData Workbenchユーザーを必要とする単純なものです。

このファイルのこのセクションは、実際はオフラインなので、このソースのデータはもはや予期しないとdata workbench serverに伝えます。

メモ

この変更は、Adobeコンサルタントが実行する必要はありません。 Log Processing Mode.cfgファイルを開く権限を持っている人なら誰でも、この変更を行うことができます。

WEB2が再度データの送信を開始すると、data workbench serverはソースをオンラインに戻し、認識対象のすべてのソースから最後にデータを受信した時刻を反映するように基準日時を調整します。 つまり、システムに入る新しいデータは、Log Processing Mode.cfg fileに書き込まれるデータよりも優先されます。

WEB2が再びオフラインになった場合は、基準時点が再び停止し、既にオフラインソースとしてリストされているWEB2がある場合でも、Log Processing Mode.cfgファイルを再度編集する必要があります。 これは、基準日時の定義に合わせて、製品のデザインのアーティファクトです。システムが既知のすべてのソースのデータを最後に取得したとき。

他のWebサーバー(WEB4、WEB5、WEB6)を追加し、それらのサーバーがdata workbench serverにデータを送信し始める場合、data workbench serverに新しいソースを認識させるために何もする必要はありません。 システムは、上記のように、これらの新しいソースからのデータを期待していることに気づくだけです。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now