問題の解決

障害が原因でWebサーバーがオフラインになった場合、このソリューションは、 Log Processing Mode.cfgファイルを開き、Data WorkbenchのID(この例ではWEB2)を「Offline Sources」セクションに追加する適切な権限を持つユーザーが必要な簡単なものです。

ファイルのこのセクションは、実際にはオフラインなので、このソースからのデータを今後予期しないとdata workbench serverに伝えます。

メモ

この変更は、担当のコンサルタントが実行する必要はありません。Adobe Log Processing Mode.cfgファイルを開く適切な権限を持つユーザーは誰でも、この変更を行うことができます。

WEB2がデータの送信を再開し始めた場合、data workbench serverはソースをオンラインに戻し、認識対象のすべてのソースから最後にデータを受信した時刻を反映するように基準時刻を調整します。 つまり、システムに取り込まれる新しいデータは、Log Processing Mode.cfg fileに書き込まれるデータよりも優先されます。

WEB2が再びオフラインになった場合は、基準時間が再び停止し、既にオフラインソースとしてWEB2がリストされている場合でも、Log Processing Mode.cfgファイルを再び編集する必要があります。 これは、基準時間の定義に従って、製品のデザインのアーティファクトです。システムが既知のすべてのソースのデータを最後に持つ時間

さらにWebサーバー(WEB4、WEB5、WEB6)を追加して、data workbench serverへのデータの送信を開始する場合、data workbench serverが新しいソースを認識するために何もする必要はありません。 システムは、前述のように、これらの新しいソースからのデータを期待する必要があることを単に認識します。

このページ