データコレクターの実行状態の確認

コレクタが異なる方法で実行されているかどうかを確認します。

推奨頻度: 5 ~ 10分ごと

サイトテストの使用

コレクタが実行されていることを確認する1つの方法は、トランスミッタでサイトテスト機能を有効にすることです。 サイトテストを有効にすると、トランスミッタは定期的に(60秒ごとに)コレクタが実行されているWebサーバにGETリクエストを送信します。 Site Testは、Webサーバーから応答を受け取らない場合、エラーメッセージをsyslogに書き込み、エラーメッセージを data workbench server (センサーログファイルに書き込まれる)に送信します。

Site Testは、Webサーバーから応答を受け取ると、キューファイル内でWebサーバーからのパケットを探します。 パケットが表示されない場合(イベントの取り込みにコレクタが実行されていないことを示す)、Site Testはエラーメッセージをsyslogに書き込み、Adobeにエラーメッセージを送信します(これもsensor-logファイルに書き込まれます)。

Site TestがWebサーバーに送信する要求で、Site TestはUser-Agentの値を「 Sensor Test」に設定します。 これらのリクエストをデータセットに表示しない場合は、「 Sensor Test」 User-Agentをファイルまたはの Baseline Robots List.txt フォルダーに Extended Robots List.txt ファイルに追加し Lookupsdata workbench serverます。

送信機でサイトテストを有効にするには

  1. を実行しているマシン上で txlogd.conf ファイルを探し、テキストエディタ Sensor ーで開きます。

  2. ファイル内で、「SiteTest」行を探し、次のように設定します。 txlogd.conf ファイルに「SiteTest」行が含まれていない場合は、設定ファイルの末尾に行を追加します。 txlogd.conf

    SiteTest http, serverAddress, port*, resource*

    serverAddress はWebサーバーの名前またはIPアドレス、 port はサーバーのHTTPリスニングポート、 resource ** はサーバーのテスト時にSite Testが要求する特定のリソースです。 リ ソースにはクエリ文字列を含めることができます

    例:SiteTest http,localhost,80,/index.jsp

    複数のWebサーバーをテストするには、単に複数のSiteTest行を指定します。

Cookieのチェック

Webサーバー上でコレクターが実行されていることを検証する別の方法は、Webサーバーがクライアントに返す応答にcookieが設定されているかどうかを確認するこ Sensor とです。 コレクタが動作している場合、Webサーバーは「v1st」Cookieを返します。

cookieの名前は変更できます。 名前を付けた場合は、v1stではなく、指定した名前を探す必要があります。

このチェックは、自動化されたスクリプトまたは監視エージェントを使用して実行できます。 このタスクのサンプルスクリプトやその他のヘルプについては、Adobeのコンサルティングサービスにお問い合わせください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free