既存のReport.cfgファイルの編集

ワークトップまたはテキストエディターを使用して既存のReport.cfgファイルを編集する手順です。

メモ
  • ファイルを編集するには、オンラインで作業する必要が Report.cfg あります。 オンラインで作業するには、から、 Worktopタイトルバーを右クリックし、をクリックしま Work Online​す。

  • ファイル内 Allow Report Regeneration のパラメー Report.cfg タがに設定され Trueている場合、そのファイルに変更を加え、そのファイルをサーバーに保存すると、そのセット内のレポートが自 Report 動的に再生成されます。 レポートは再生成されますが、電子メールでのレポートの再送信は行われません。 その手順については、「電子メールでのレポ ートの再送信」を参照してください

既存のを編集するには、を使用す Report.cfg るか、テキ Worktop ストエディターを使用します。

のタブを使 Report.cfg 用してファ Reports イルを編集す Worktop ると、ファイル内に既に存在するパラメータ、ベクトル、ベクトル項目のみを編集できます。 ファイルにパラメータまたはベクトルを追加する必要がある場合は、メモ帳などのテキストエディターを使用して編集する必要があります。

ワークトップを使用して既存のReport.cfgを編集するには

メモ

からを編集するには、オンラインで作業して Report.cfg いる必要がありま Worktopす。

  1. data workbenchのタブで、設 Reports 定するレポートセットのサブフォルダー(タブまたはドロップダウンサブディレクトリ)を選択します。

  2. クリック Report.cfg. このレポートセットの Report.cfg のパラメータが表示されます。

  3. 必要に応じて、設定パラメータを編集します。 これらのパラメーターについて詳しくは、 Report.cfgのパラメーターを参照してください

  4. Save the file by right-clicking Report.cfg (modified) at the top of the parameters and clicking Save to*< server location>*.

テキストエディターを使用して既存のReport.cfgを編集するには

  1. ワークスペ Reports Manager ース内で右クリックし、//をクリ Admin ックして、を Profile 開きま Reports Manager​す。

  2. レポートセットのフォルダをクリックします。

  3. このレポートセットの横のチェックマークを右ク Report.cfg リックし、をクリックしま Make Local​す。

  4. 列で、こ User のレポートセットの横のチェックマークを右ク Report.cfg リックし、/をクリック Open します in Notepad。 The Report.cfg file opens.

    「レポートセ Report.cfg ットの設 定」に示すサンプルには 、デフォルトでファイルに含まれるパラメ Report.cfg ータのみが含まれます。 次の例には、パラメータエントリのモデルとして使用でき Report.cfg る、ファイルで使用可能なすべてのパラメータが含まれています。

    Attachments = vector: 1 items
      0 = Attachment:
        FileName = string: c:\\myimage.jpg
        Content Type = string: image/jpeg
    Alert Threshold = int: 0
    Allow Report Regeneration = bool: true
    Color Set = int: 1
    Command To Execute = string: 
    Default Excel Template = string: 
    Dimension Name = string: 
    Email Only If Perfect = bool: false
    End Date = string: 
    Every = string: month
    Excel Watchdog Timeout (seconds) = double: 300.0
    Filter Formula = string: 
    Gamma Correction = double: 1
    Hide Logos = bool: false
    Lookup File = string: 
    Mail Report = MailReport: 
      Body XSL Template = string: 
      Recipients = vector: 0 items
      SMTP Server = SmtpServerInfo: 
        Address = string: 
        Password = string: 
        User = string: 
      Sender Address = string: 
      Sender Name = string: 
      Subject = string: 
    Notification Only = bool: false
    Output Root = string: 
    Report Types = vector: 3 items
      0 = string: thumbnail
      1 = string: png
      2 = string: excel
    Start Date = string: 7/1/06 19:16 EDT
    Thumbnail X = int: 240
    Thumbnail Y = int: 180
    Top N Metric = string: 
    Top N Value = int: 0
    Use Local Sample Only = bool: false
    Workspace Path = string: 
    
  5. 必要に応じて、設定パラメータを編集します。 これらのパラメーターについて詳しくは、 Report.cfgのパラメーターを参照してください

  6. ファイルを保存して閉じます。

  7. で、フ Reports Managerァイルの列のチェックマークを右ク User リックし Report.cfg て、 Save to*< profile name>を選択します​*。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now