Microsoft Excel ファイルとしてのレポートの生成

Excel ファイルとしてレポートを生成するための情報です。

以下の要件を満たす必要があります。

  • Microsoft Excel が Report Server と同じコンピューターにインストールされていること。

  • Report Server の処理を実行中のユーザーアカウントが Microsoft Excel にアクセスする権限を持っていること。

    メモ
    • Excel ファイルとしてレポートを生成する場合、Excel の新しいインスタンスが開きます。 このプロセスの詳細については、https://support.microsoft.com/kb/257757 を参照してください。
      • Data Workbench では 256 列を超え、65,536 行を超えるデータをサポートしていますが、Microsoft Excel ではサポートしていません。

これらの要件を満たすと、 Report Server は自動的にMicrosoft Excel を起動し、特定のビジュアライゼーション、ディメンションと値の凡例、テキスト注釈のデータを、ワークシートごとに 1 つのビジュアライゼーションを持つ新しい Excel ワークブックに出力します。

メモ

グラフ、パスブラウザー、プロセスマップ、散布グラフ、グローブからはデータをエクスポートできません。

ビジュアライゼーションに Custom Title を指定していない限り、ウィンドウのタイプ(例:Movie Table)がワークシート名として使用されます。

ビジュアライゼーションに Custom Titles を指定する方法について詳しくは、『Data Workbenchクライアントガイド 』を参照してください。

テンプレートファイルの使用

また、テンプレートの Excel(.xls または .xlsx)ファイルを使用して、Excel ファイルとしてレポートを生成することもできます。 テンプレートファイルを使用すると、レポートが生成されるたびにデータのフォーマットに費やす時間を短縮できます。

このテンプレートファイルは、.xlt ファイルではなく、.xls または .xlsx ファイルである必要があります。

個々のレポートのテンプレート、すべてのレポートの汎用テンプレート、またはその両方を定義できます。 これら 2 つの項目は相互に排他的ではないので、汎用テンプレートを定義し、特定のテンプレートも定義できます。

すべてのレポートで使用する汎用テンプレートを使用してレポートを生成するには、Report.cfg の Excel Template パラメータでその Excel ファイルの名前を指定し、そのレポートセットの Report.cfg と同じフォルダ (data workbench installation directory*ProfileName*\Reports*ReportSetSetSetname*) と入力します。 このパラメーターについて詳しくは、Report.cfg のパラメーター を参照してください。

レポートに固有のテンプレートを使用してレポートを生成するには、Excel ファイルにレポートワークスペース (.vw) ファイルと同じ名前を付け、そのテンプレートファイルをレポートワークスペース (.vw) ファイルと同じフォルダに配置する必要があります。

レポートの生成時に、テンプレート内の既存のタブ付きシート(各シートは 1 つのビジュアライゼーションを表します)には、レポートの最新のデータが再入力されますが、テンプレートにタブ付きシートとして存在しない新しいウィンドウは無視されます。 テンプレートファイル内のその他すべてのタブ区切りシートは、変更されないままです。

また、レポートの生成時に自動的に実行したいマクロをテンプレート Excel ファイルに定義した場合は、マクロの名前を「VSExport」にしてください。

このページ