Report Server.cfg のパラメーター

Report Server.cfgパラメーターについて取り上げます。

Insightサーバーへの接続の設定に示すサンプルReport Server.cfgには、デフォルトでReport Server.cfgファイルに含まれているパラメーターのみが含まれています。

プロキシサーバを通じてAdobeライセンスサーバに連絡する場合は、Report Server.cfgにライセンスベクトルとそのパラメータを追加する必要があります。 次に、Licensingベクトルにモデルを使用できるこのベクトルとそのパラメータの例を示します。

Licensing = serverInfo:  
Proxy Address = string: ProxyIPAddress 
Proxy Password = string: ProxyPassword 
Proxy Port = int: ProxyPort 
Proxy User Name = string: ProxyUserName 

次の表に、Report Server.cfgファイルのパラメーターの説明を示します。

パラメーター 説明
Excel拡張機能

次のExcel拡張機能がサポートされています。

Excel拡張子=文字列: .xlsx

Excel拡張子=文字列: .xls (デフォルト)

Fonts

(オプション。 Report Server がUTF8ベースのUnicode特殊文字をレンダリングする際に使用するフォントをリストするベクトル。 リスト内のフォント数に制限はありません。

先頭のフォントは常に Lucida Sans Console でなければなりません。このパラメーターが Report Server.cfg ファイルに含まれていない場合、 レポートサーバーはLucida Sansコンソールのみを使用してテキストを表示します。

Report Serverは、リ スト内の最初のフォントを使用して、レンダリングできない文字が検出されるまで、すべての文字をレンダリングします。次に、リスト内の2番目のフォントを使用して、その文字をレンダリングします。 そのフォントが文字をレンダリングしない場合、 Report Server は、リスト内の3番目のフォントを使用してその文字をレンダリングします。その後、フォントリストの最後に達するまで同様にレンダリングします。 正しいフォントがベクトルにリストされていない場合、 レポートサーバーはその文字の16進値を表示します。

注意: レポートサーバーの実行中は、このパラメーターを変更しないでください。

Gamma

.pngフ ァイル出力 のガンマ 設定。デフォルト値は 1.6 です。

注意: Adobeは、この値を変更しないことをお勧めします。

Licensing

(オプション。プロキシサーバーを介してAdobeのライセンスサーバーに接続する場合にのみ、このベクトルのパラメータを変更する必要があります。

プロキシサーバーを介してAdobeのライセンスサーバーに接続するように設定したパラメータのセクション識別子。

Proxy Address レポートサーバーがAdobeのライセンスサーバーにアクセスする際に使用する必要があるプロキシサーバーのアドレス。
Proxy Password (オプション。プロキシユーザー名に関連付けられているパスワード。
Proxy Port プロキシサーバーのポート。
Proxy User Name (オプション。プロキシサーバーへのアクセスに使用するユーザー名。
Network Location レポートサーバーがサーバーの共通名をIPアドレスに解決するために使用するネットワークの場所。 ネットワークの場所は、Data Workbenchサーバーコンピューター上のAddressesディレクトリにあるアドレスファイルで定義されます。
サーバー

レポートを生成するために接続する必要があるData Workbenchサーバーマシンレポートサーバーを設定するために設定するパラメーターのセクション識別子。 これには、このベクトルにリストされる項目の数を示す数値が含まれます。

各サーバーにserverInfoエントリを追加し、必要に応じてパラメーターを入力します。

Address レポートを生成するためにレポートサーバーが接続する必要があるData WorkbenchサーバーコンピューターのIPアドレス。
名前 レポートサーバーが内部的にData Workbenchサーバーを識別するために使用する名前。 これは単に内部ラベルなので、任意の名前を使用できます。 一貫性を保つために、サーバーの電子証明書に記載されている共通名を使用することをお勧めします。
Port レポートサーバーがData Workbenchサーバーと通信するポート。 安全な接続の場合、この値は通常443です。
プロキシアドレス レポートサーバーがData Workbenchサーバーにアクセスする際に使用する必要があるプロキシサーバーのアドレス。 このパラメーターは、プロキシサーバーがサーバーマシンに接続する必要がある場合にのみ必要です。
プロキシパスワード プロキシサーバーへのパスワード。このパラメーターは、Data Workbenchサーバーコンピューターに接続するためにプロキシサーバーが必要な場合にのみ必要です。
プロキシポート プロキシサーバーのポート。デフォルト値は 8080 です。このパラメーターは、Data Workbenchサーバーコンピューターに接続するためにプロキシサーバーが必要な場合にのみ必要です。
プロキシユーザー名 プロキシサーバーへのユーザー名。 このパラメーターは、Data Workbenchサーバーコンピューターに接続するためにプロキシサーバーが必要な場合にのみ必要です。
SSL Client Certificate レポートサーバーコンピューターのSSL証明書ファイルの名前。
SSL Server Common Name Data Workbenchサーバー のデジタル証明書に一覧表示されるサーバー共通名。
Use SSL Data Workbenchサーバーとレポートサーバー間の安全な通信にSSLが使用されるかどうかを示します。 選択肢は true または false です。デフォルト値は true です。
結果のメモリ制限(KB)

レポートおよびアラートで使用可能にするメモリ量(KB)。 デフォルト値は 50000 です。

レポートを実行する際、 Report Server はまずこの値を確認し、次にMaximum Slice Sizeパラメータの値を確認します。 例えば、このパラメーターを50,000に設定し、スライスの最大サイズを50に設定した場合、追加のワークスペースを実行できる領域があっても、レポートサーバーでは一度に50個のワークスペースしか実行されません。

注意: この制限は、Data WorkbenchサーバーのQuery Memory Limitパラメーターに設定された値を超えないでください。また、同時にレポートを実行する他のユーザーには、 Query Memory Limit より少し小さく設定することが理想的です。

最大スライスサイズ レポートサーバーが一度に実行できるレポートワークスペースの最大数。 デフォルト値は 50 です。レポートサーバーでこの設定がどのように使用されるかについて詳しくは、 結果のメモリ制限(KB) パラメーターの説明を参照してください。
Update Software

このレポートサーバーのソフトウェアをData Workbenchサーバーによって更新するかどうかを示します。 選択肢は true または false です。デフォルト値は true です。

次に、モデルを使用できるこのパラメーターの例を示します。

Update Software = bool: false

OpenGLハードウェアレンダリングを使用

レポートサーバーがハードウェアレンダリング(マシンのグラフィックカードなど)を使用してレポート出力を生成するかどうかを制御します。 選択肢は true または false です。デフォルト値は true です。

このパラメーターは、グラフィックカードに問題がある場合にのみfalseに設定する必要があります。 falseに設定した場合、 レポートサーバーはハードウェアレンダリングを使用しないで、デフォルトでソフトウェアレンダリングを使用します。

レポート レポートを設定するために設定したパラメーターのセクション識別子。
完了メッセージの間隔

レポートまたはアラートの生成中にクエリが実行される際に、レポートサーバーが完了ステータスメッセージを出力する頻度(秒)。 デフォルト値は 120 秒です。

例:ワークスペースクエリは62.145672%完了しました。

完了メッセージは reportserver.log に書き込まれ、サーバーに同期されます。 この設定は、各レポートセットに対して前後に送信される status.txt ファイルを制御し、完了率がサムネールで表示されるようにします。 メッセージは、レポートセットが完了したとき、または間隔に達したときに、いずれか早い方のタイミングで送信されます。 この値を大きく設定すると、クライアントインターフェイスでサムネールによって生成されたレポートの表示レートは変わりませんが、表示される中間メッセージの数は変わります。 値を小さく指定すると、 Report Server サーバーからプロファイルにデータが同期され、 status.txt メッセージが変更されるたびに、すべてのDPUと接続されているすべてのクライアントにデータが同期されるので、システムではデータの同期に長い時間がかかります。

この設定パラメーターの設定に関係なく、レポートセットが完了すると、システムは常に status.txt ファイルを送信します。

プロファイル

このベクトルにリストされる項目の数を示す数値。 レポートを作成するプロファイルごとに、 Profilesベクトルに ReportProfile エントリを追加し、 ServerパラメーターとProfileパラメーターを設定します。

サーバ ー — Report Serverが内部的に Data Workbenchサ ーバーを識別するために使用する名前。この名前は、Data WorkbenchサーバーのSSL証明書に一覧表示されるサーバーの共通名である必要があります。

プロフ ァイル — レポートを作成する対象のプロファイルの名前。この名前は、Data Workbenchサーバーコンピューター上の名前付きプロファイルと一致する必要があります。

エラーのSMTPサーバー

電子メールでレポートサーバーエラーを送信するSMTPサーバーのアドレス。

例: mail.mycompany.com

説明した機能を使用するには、SMTPサーバーが必要です。

SMTP Server for Errors Password

SMTPサーバーにログインするためのパスワードです。 メールを送信するためにログインが必要でない限り、このパラメーターはオプションです。

説明した機能を使用するには、SMTPサーバーが必要です。

送信元のエラーのSMTPサーバー レポートサーバーエラーの送信元の電子メールアドレス。
SMTPサーバーへの送信エラー

アラートの送信先の電子メールアドレス。

例: adm1@company.com,adm2@company.com

説明した機能を使用するには、SMTPサーバーが必要です。

SMTP Server for Errors Username

SMTPサーバーにログインするためのユーザー名です。 メールを送信するためにログインが必要でない限り、このパラメーターはオプションです。

説明した機能を使用するには、SMTPサーバーが必要です。

ステータス間隔

レポートサーバーがステータス情報を生成してData Workbenchサーバーに送信し、詳細なステータスに表示する頻度(秒)です。

デフォルト値は 120 秒です。レポートキューの実行には数時間かかる場合があるので、この値を小さな値(2分など)に設定することはお勧めしません。 この場合、600 ~ 1200秒の設定を考えてみましょう。

詳細なステータスについて詳しくは、『 Insightユーザーガイド』の「管理インターフェイス」の章を参照してください。

更新間隔

Report Server がProfilesベクトルにリストされているすべてのプロファイルで新しいレポートおよびアラートを監視する頻度(分単位)です。 デフォルト値は10分です。

指定した時間は、リストに表示されているすべてのプロファイルで分割されます。 例えば、間隔を10分に設定し、2つのプロファイルを監視する場合、各プロファイルは5分間監視されます。 新しいレポートや変更されたレポートやアラートがプロファイルに保存されたときにプロファイルが監視されている場合は、レポートやアラートをすぐに生成できます。

更新間隔が複数のプロファイルを監視するように設定されている場合、この設定は、設定された時間内にすべてのプロファイルを読み込むのに十分な大きさにすることが重要です。 多くの大きなディメンションが設定されているシステムで、例えば、すべての要素名を使用して最初のデータ接続を取得するのに数分かかる場合は、この設定が完全に同期されるまでに十分な時間が必要です。 そうしないと、プロファイルの同期エラーが発生します。

このページ