レポートサーバーのステータスの表示

data workbenchの詳細なステータスインターフェイスは、Data WorkbenchサーバーのクライアントであるData Workbenchサーバーとレポートサーバーのコンピューターに関するエラーや他の問題のトラブルシューティングに役立ちます。

Master Server Detailed Statusインターフェイスでレポートのステータスを表示するには、data workbenchサーバーのCommunications.cfgファイル内のServersベクトルにレポートステータスサーバーを追加する必要があります。 次の手順では、Communications.cfgファイルにレポートステータスサーバーを追加する方法を説明します。

Detailed Statusインターフェイスの詳細については、『Data Workbenchユーザーガイド』の「管理インターフェイス」という章を参照してください。

を追加するにはReport Status Server

  1. Data Workbenchサーバー(InsightServer64.exe)をインストールしたディレクトリ内のComponentsフォルダーに移動します。

    例:C:\Adobe\Server\Components

  2. メモ帳などのテキストエディターでCommunications.cfgを開きます。

  3. Serversベクトルを探し、次のファイルフラグメントで強調表示されているように、このベクトルにレポートステータスサーバーを追加します。

     . . .
    Servers = vector: 17 items
        0 = FileServer: 
          Local Path = string: Audit\\
          URI = string: /Audit
        1 = FileServer: 
          Local Path = string: Bin\\
          URI = string: /Bin
        2 = FileServer: 
          Local Path = string: Components\\
          URI = string: /Components
      . . .
        16 = ReportStatusServer: 
          URI = string: /ReportStatus.vsp
    
  4. 前の手順のファイルフラグメントで強調表示されているように、Serversベクトルの項目数を更新します(つまり、項目の値を1ずつ増分します)。

  5. ファイルを保存します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now