始める前に

Report Serverの一部の機能を動作させるには、インストールの前にハードウェアまたはソフトウェアを提供し、設定する必要があります。

基本的なレポートサーバーの要件

出力されるレポートは、ファイルシステムに配置された.PNG画像または.XLSスプレッドシートの形式、または電子メールとして出力できます。 ハードウェア要件は、data workbenchクライアントと同じです。

レポートサーバーには次の要件があります。

  • データ(ネットワーク共有、またはローカルドライブ)の出力用のファイルシステムへのアクセス
  • 設定済みのSMTPサーバーにアクセスします。
  • ReportサーバーにMicrosoft Excel 2010 64ビット以降がインストールされている。 詳しくは、Officeのサーバー側自動化に関する考慮事項を参照してください。

その他の要件

  • 適切なグラフィックアダプターを取り付けます。 レポートを正しくレンダリングするには、サーバーをインストールしたマシンに Report 適切なグラフィックアダプターがインストールされている必要があります。

  • レポートをExcelファイルとして生成するには、Microsoft Excelをインストールします。 レポートをMicrosoft Excelファイル(または .xls .xlsx)として生成して配布するには、Report Serverをインストールしたコンピューターに64ビットMicrosoft Excelの適切なバージョンがインストールされ、登録されている必要があります。Excelが登録されていない場合に、Report Serverが初めてExcelにアクセスしようとすると、登録ダイアログボックスが表示されます。 コピーが登録されているかどうかが不明な場合は、Excelを手動で起動し、登録ダイアログボックスが表示されたら、登録プロセスを完了します。

    メモ

    レポートをExcelファイルとして生成する場合、Excelの新しいインスタンスを開くことになります。 この処理について詳しくは、http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/257757 を参照してください。

  • SMTPサーバーへのアクセスを提供し、レポートを電子メールで配布します。 レポートを電子メールで配信する場合は、レポートサーバーがSMTPサーバーに接続でき、電子メール転送サービスに適したポートが開いている必要があります。

このページ