Email.asp ファイルの編集

レポートポータルへのアクセスと権限は、個々のユーザーアカウントとグループアカウントを使用して制御されます。

新しいアカウントを追加したり、既存のアカウントを編集したりするたびに、そのアカウントに指定した電子メールアドレスに確認電子メールを送信し(アカウントの操作を参照)、email.aspファイルで指定した電子メールアドレスにコピーできます。

メモ

通知電子メールは、アカウントの電子メールアドレスを指定し、email.aspファイルを適切に設定した場合にのみ、アカウントユーザーに送信されます。 アカウントの通知電子メールを送信しない場合は、アカウントの電子メールフィールドを空白のままにします。

このファイルは\*PortalName*\PortalASPフォルダーにあります。

  1. IISが実行されているマシン上で、email.aspファイルをメモ帳などのテキストエディターで開きます。
  2. 次の変数を設定します。
この変数用。.. 入力する情報
smtpserver

メッセージの送信に使用するSMTPサーバーのDNS名またはIPアドレス。

次に例を示します。 mail.hq.omniture.com

smtpserverport SMTPサーバーが接続をリッスンするポートです。 これは通常、ポート25です。
sendusing

メッセージの送信方法を示します。 値は以下のとおりです。

1 — ローカルにインストールされたSMTPサービスを使用してメッセージを送信します。 スクリプトを実行するコンピューターにSMTPサービスがインストールされている場合は、この値を使用します。

2 — ネットワーク上のSMTPサービスを使用してメッセージを送信します。 スクリプトが実行されているコンピューターにSMTPサービスがインストールされていない場合は、この値を使用します。

smtpconnectiontimeout レポートが、SMTPサーバーからの応答を待ってから接続をタイムアウトするまでの時間です。
  1. NewUserEmail()関数とUpdateUserEmail()関数の場合、次の変数を設定します。

    この変数用。.. 入力する情報
    送信元 確認電子メールの「送信者」ヘッダー行に表示するテキストです。 この値は、 CCの値と同じになります。
    CC

    (オプション)新規および変更されたユーザーアカウントに関するすべてのメッセージのコピーを受け取る必要がある人またはエイリアスの有効な電子メールアドレス。 複数の電子メールアドレスを指定する場合は、アドレスをコンマで区切ります(スペースは使用できません)。

    次に例を示します。 admin@company.com,joemanager@company.com

    注意: 受信者は、ユーザーパスワードを含む電子メールのコピーを受け取ります。

    件名 確認電子メールの件名ヘッダー行に表示するテキストです。
    WebPath

    ポータルへの実際のパス。

    次に例を示します。 http://portal.omniture.com/Example

    本文

    自動生成された電子メールに含まれるテキスト。

    例えば、ログイン情報を提供するために送信される電子メールに含まれるデフォルトのテキストは次のようになります。

    • Webポータルログイン情報は次のとおりです。
    • UserName:username

      新しいパスワード:password

    • 次のURLを使用してポータルにアクセスできます。

      http://WebPath

    • ポータルにログインした後、「管理者」タブでパスワードを変更できます。

  2. ファイルを保存して閉じます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now