セッション設定ファイルの編集

Report Portal は、global.asa という設定ファイルに含まれる情報を使用して、ユーザーセッションを初期化します。

Report Portal をインストールする場合は、このファイルを指示に従って編集する必要があります。 global.asa ファイルは*PortalName*\PortalASP\ folderディレクトリにあります。

メモ

この設定ファイル内の他のパラメーターは変更しないでください。

  1. IIS を実行しているマシン上で、global.asa ファイルをメモ帳などのテキストエディターで開きます。

  2. (オプション。ユーザーが認証を行わずに Report Portal にアクセスできるようにするには、Session("In") パラメータ値を true に変更します。 デフォルト値は false で、Report Portal へのアクセスを試みたすべてのユーザーを認証します。

  3. Report Portal が C ドライブ以外のドライブにインストールされている場合は、Session("Drive") パラメータの値を正しいドライブの場所に変更します。

  4. Session("DBPath") パラメーターの値を変更して、Report Portal ユーザーの認証に必要な情報が格納されているデータベースへのパスを反映します。 ドライブ文字は含めないでください。ただし、末尾にスラッシュを含めてください。

    例:/Inetpub/wwwroot/Portal/data/

  5. ファイルを保存します。

  6. Report Portal ファイルが正しくインストールされ、指定された仮想ディレクトリを通じてアクセスできることを確認するには、ブラウザーで次のページを開きます。

    https://YourServerAddress/YourPortalName

    例:https://localhost/VisualReportPortal

    Report Portal ASP が正しくインストールされている場合は、ポータルのログインページが表示されます。 このページが表示されない場合は、IIS で ASP が有効になっていることを確認し、仮想ディレクトリのマッピングを再度確認してください。

このページ