Report Portal のインストール

Report Portalを使用するには、IISに一連のアプリケーションサーバーページ(ASP)をインストールして設定する必要があります。

始める前に

この章の手順では、Report Portalのインストールと設定の方法について説明します。 これらの手順を完了するには、次の操作を行う必要があります。

  • Microsoft IISがインストールされ、バージョンがわかっている。
  • Report Portalによってレポートが表示されるレポートセットの名前を確認します。
  • Report Serverがこれらのレポートセットの出力を保存するディレクトリの場所を把握します。 IISアプリケーションサーバーがこのディレクトリにアクセスできることを確認します。
メモ
  • Report Portalを使用して表示するには、レポートは特定の命名規則に従う必要があります。 また、レポートの保存先ディレクトリは、所定の構造に従う必要があります。 これらの要件の説明については、レポートセットとReport Portalの互換性の確保を参照してください。.

  • Report PortalのパスワードがAES-256ビットに準拠するようになりました。 Report Portal 2.0にアップグレードする場合、users.mdb​データベースの「パスワードのフィールドサイズ」フィールドを50から150に増やします。 更新された暗号化を使用してパスワードを受け入れるには、フィールドサイズを増やす必要があります。

  • Report Portal 2.0にアップグレードする場合、users.mdbデータベースの​Password​フィールドのフィールドサイズを50から150に増やします。 更新された暗号化を使用してパスワードを受け入れるには、フィールドサイズを増やす必要があります。

  • Report Portal には、ソルティングをサポートしている、より強力なハッシュアルゴリズムが導入されました。Report Portal 2.1​にアップグレードする場合は、users.mdbデータベースに、フィールドサイズが20文字の新しいテキストフィールド​PasswordSalt​を追加します。 このフィールドは、パスワードソルトを保存するのに必要です。

このページ