レポートのステータスの確認

レポートサーバーのステータスとレポートセットのステータスに関する情報です。

レポートサーバーのステータス

推奨頻度: 必要な場合のみ

Report は、サーバーのステータスに関するステータス情報を2分ごとにdata workbenchサーバーに送信 Report します。この情報は、Detailed StatusインターフェイスのReport Server Statusノードで確認できます。

ビジュアライゼーションを開く Detailed Status には

  1. Data Workbenchで、ワークスペース内を右クリックし、Admin / Servers​をクリックします。

  2. Serversインターフェイスで、Reportマシンが接続するData Workbenchサーバーのアイコンを右クリックし、「Detailed Status.」をクリックします

  3. Report Server Status」をクリックします。

複数のReportがData Workbenchサーバーに接続されている場合は、 Statusベクトル内の各Report Serverに対してエントリが表示されます。 2分間隔は、ReportServer.cfgファイルのReportingノードのStatus Interval (seconds)パラメーターの値を指定することで上書きできます。

ReportServer.cfgファイルについて詳しくは、レポートセットの設定を参照してください。 Reportの設定について詳しくは、レポートのインストールを参照してください。

Detailed Statusの詳細については、『Data Workbenchユーザーガイド』の「管理インターフェイス」の章を参照してください。

レポートセットのステータス

推奨頻度: 必要な場合のみ

Report は、各レポートセットのステータス情報をData Workbench・サーバに送信する。レポートセットの生成時や配布先などの基本情報は、Data Workbenchのレポートセットの上に緑色のテキストで表示されます。 Reportサーバーは、レポートの実行中、現在のクエリの完了率を示すメッセージを2分ごとに出力します。 この2分間隔は、ReportServer.cfgファイルのReportingノードのCompletion Message Interval (seconds)パラメーターの値を指定することで上書きできます。

メモ

レポートの実行中にエラーが発生した場合は、そのレポートのサムネールの下に赤いテキストが表示されます。 ワークスペースを右クリックすると、完全なエラーメッセージを表示できます。

このページ