既存ユーザーの編集

既存のユーザーアカウントを編集する手順です。

  1. Report Portalで、「Admin」タブをクリックします。 Adminページが表示されます。

  2. 編集するアカウント名の最初の文字を表す文字をクリックします。 例えば、「Marketing」というアカウントを編集する場合、「M」という文字をクリックします。

    そのレターで始まるアカウント名のリストが表示されます。

  3. 編集するアカウント名を選択し、「select」ボタンをクリックします。 Edit Account Infoページが表示されます。

    ステップ情報

  4. このページの更新が必要なフィールドのみを変更します。 次の表に、これらの各フィールドの説明を示します。

    このフィールド。… . . .
    電子メール ユーザーの電子メールアドレス。
    古いパスワード 現在のパスワード。管理者アカウントの編集時や、管理者以外のアカウントのパスワードのリセット時に続行する必要があります。
    新しいパスワード Report Portalにログオンする際にユーザーが指定する必要がある新しいパスワード。
    パスワードの確認 Report Portalにログオンする際にユーザーが指定する必要がある新しいパスワード。
    プロファイルアクセス このユーザーがアクセスできるプロファイル(例:ProductSales)。 複数のプロファイルへのアクセスを許可するには、名前をコンマで区切ります。 ユーザーがReport Portalに関連付けられたすべてのプロファイルへのアクセスを許可されている場合は、「ALL」と入力します。
    タブアクセス このユーザーがアクセスできるタブ(例:Admin)。 複数のタブにアクセスできるようにするには、名前をコンマで区切ります。 ユーザーがReport Portal内のすべてのタブにアクセスできる場合は、「ALL」と入力します。 このフィールドは、アカウントタイプフィールドと組み合わせて、グループアクセス権を定義するのに非常に役立ちます。
    アカウントの種類 このアカウントが個人用かグループ用か。 個々のアカウントでは、ユーザーはパスワードをリセットできますが、グループではパスワードをリセットできません。 グループアカウントのパスワードをリセットできるのは、管理者のみです。
    status このアカウントがアクティブか非アクティブかを示します。 デフォルト値はアクティブです。 ユーザーアカウントを非アクティブ化するには、inactive​を選択します。
    admin このユーザーに対し、ユーザーアカウントの作成、更新、削除、および各レポートに関連付けられたメモの編集を許可するかどうか。 デフォルト設定は false です。これを管理者ユーザーにするには、「true」を選択します。
    有効期限 MM/DD/YYYY形式の日付。この日付が、このユーザーがReport Portalを使用できるようになります。
  5. update」をクリックします。

このページ