Data Workbench 履歴プロファイルのディメンション

次のディメンションは、Data Workbenchの履歴プロファイルで使用できます。

Data Workbench 履歴プロファイルのディメンション

次のディメンションは、Data Workbenchの履歴プロファイルで使用できます。

ブロック この設定で可算となるのはこのみで、すべてのディメンションのルートです。 ブロックはサーバーと見なすことができます。 x-trackingidフィールドを使用しています。

注意: ブロックIDは、サーバ名とホスト名のハッシュです。したがって、プロファイルごとに約1ブロックあります。

Ping これは、Block可算から作成された可算ディメンションです。 プロファイル内の各データ行は、監視エージェントからのpingです。
警告 — 重要 cs-uri-クエリ(ad)値から作成された数値Dimension。 cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致するというPingレベルの条件で構築されます。
アラートダウン cs-uri-クエリ(ac)値から作成された数値Dimension。 これはPingレベルで構築され、cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致すると条件付けられます。
警告 cs-uri-クエリ(ae)値から作成された数値Dimension。 cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致するというPingレベルの条件で構築されます。
プロファイルの再処理 cs-uri-クエリ(aa)値から作成された数値Dimension。 cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致し、cs-uriquery(k)が空でないというPingレベルの条件で構築されます。
遅延時間(分)の基準 cs-uri-クエリ(bi)は、x-as-of-delay-minutesフィールドに配置され、最も近い分に丸められます。 cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致するというPingレベルの条件で構築されます。
生産能力行の割合 cs-uri-クエリ(r)値から作成された数値Dimension。 cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致し、cs-uriquery(k)が空でないというPingレベルの条件で構築されます。
容量サイズの割合 cs-uri-クエリ(n)値から作成された数値Dimension。 cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致し、cs-uriquery(k)が空でないというPingレベルの条件で構築されます。
コンポーネントチェックの成功 cs-uri-クエリ(v)値から構築された単純なDimension。 これはPingレベルで構築され、cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致すると条件付けられます。
エラーのあるコンポーネント cs-uri-クエリ(ao)は、区切り文字「|」で分割され、x-components-in-errorフィールドにコピーされます。 x-components-in-errorフィールドから作成された多対多Dimension。 Pingレベルで構築されます。
詳細チェック秒数 cs-uri-クエリ(l)値から作成された数値Dimension。 cs-uri-クエリ(k)が空でないというPingレベルの条件で構築されます。
詳細チェックの成功 cs-uri-クエリ(k)値から構築された単純なDimension。 cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致するというPingレベルの条件で構築されます。
DimensionGigaBytes cs-uri-クエリ(bc)がx-dimension-gagobiteフィールドにコピーされます。 x-dimension-gagobitsフィールドは、このシンプルDimensionのユーザーで、「2」との一致に対するcs-uri-クエリ(a)に基づいています。
ディスク「x」の使用率 これらの数値Dimensionは、cs-uri-クエリ(ah、ai、aj、ak、al)値から設定されます。 これらはPingレベルで構築され、cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致し、cs-uri-クエリ(k)が空ではないことに基づいて条件付けられます。
推定スイープデカス秒 この数値Dimensionでは、x-estimated-sweep-decasecondsフィールドが使用されます。 これは、サーバの推定スイープ時間を10で割った値です(寸法をより適正なサイズにするために、スイープ測定の解像度を低くした値)。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

Fast Input MegaBytes/Minute このディメンションには、cs-uri-クエリ(bj)値が使用されます。 ブロックの最後の行は、ディメンションの値として使用されます。 データセットがFast Inputに含まれている場合、この数値Dimensionの値には、システムがデータを入力する1分あたりのMBが表示されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

Fast Merge MegaBytes/Minute この寸法には、cs-uri-クエリ(bk)値が使用されます。 ブロックの最後の行は、ディメンションの値として使用されます。 データセットがFast Mergeに設定されている場合、この数値Dimensionの値には、システムがマージされる1分あたりのMB数が表示されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

Field GigaBytes このディメンションには、cs-uri-クエリ(bg)値が使用されます。 値を1000で割り、最も近い整数に丸めます。 この数値Dimensionの値は、データセット内のフィールドで使用されている領域のサイズを表示します。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

グループ cs-uri-クエリ(x)値からPingレベルで構築された単純なDimension。
ホスト このディメンションには、cs-uri-クエリ(b)値が使用されます。 シンプルディメンションの値は、ブロックの最後の行です。
最後のPing x-unixtimeフィールドはx-last-pingにコピーされ、10で割ってカーディナリティが減少します。 数値Dimensionはブロックレベルで構築され、x-last-pingフィールドを使用します。
負荷平均 これは、指定したサーバーのcs-uri-クエリ(i)値に対して、Last Rowを使用する数値ディメンションです。 cs-uri-クエリ(k)が空でないことが条件となります。 このディメンションは、監視対象システム内のサーバーの平均負荷の計算に使用されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

Log Reading Percentage cs-uri-クエリ(be)値は、Pingレベルで構築されたこの数値ディメンションに使用されます。 このディメンションは、読み取られるログの割合を計算するために使用されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

メモリページファイルの割合 これは、Pingレベルで構築されたcs-uri-クエリ(o)値を使用するNumericディメンションです。 これは、cs-uri-クエリ(k)が空でないことと、cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致することに条件が当てられます。 このディメンションは、ページファイルのメモリ使用量の割合を計算するために使用されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

メモリ物理メガバイト合計 これは、Pingレベルで構築されたcs-uri-クエリ(ag)値を使用するNumericディメンションです。 これは、cs-uri-クエリ(k)が空でないことと、cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致することに条件が当てられます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

メモリの物理的割合 これは、Pingレベルで構築されたcs-uri-クエリ(ag)値を使用するNumericディメンションです。 これは、cs-uri-クエリ(k)が空でないことと、cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致することに条件が当てられます。 このディメンションは、各サーバーの物理メモリ使用率の割合を計算するために使用されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

メモリクエリの割合 これは、Pingレベルでcs-uri-クエリ値を使用するNumericディメンションです。 cs-uri-クエリ(k)が空でないことと、cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致することが条件となります。 このディメンションは、各サーバーのクエリメモリ使用率の割合を計算するために使用されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

ネットワーク接続 これは、Pingレベルで構築されたcs-uri-クエリ(q)値を使用するNumericディメンションです。 cs-uri-クエリ(k)が空でないことと、cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致することが条件となります。 これは、特定のサーバーのネットワーク接続数を示すために使用します。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

出力行 cs-uri-クエリ(bh)値を100000で割り、x-output-rowsフィールドにコピーして、ディメンションのサイズを小さくします。 X-output-rowsは、Pingレベルで構築されたNumericDimensionで使用され、cs-uri-クエリ(a)が"2"に一致するという条件が付けられます。
PingタイプID cs-uri-クエリ(a)値をPingレベルで使用して構築された単純なDimension。 これは、どのようなPingが記録されたかを示します。
ポーリング待ち時間(センチ秒) cs-uri-クエリ(m)の値を10で割ってディメンションサイズを小さくし、x-poll-latency-centicedsフィールドにコピーします。 これは、Pingレベルで構築されたNumericディメンションで、cs-uri-クエリ(k)が空ではなく、cs-uri-クエリ(a)が「1」/に一致するという条件が付けられます。このディメンションは、ポーリング待ち時間の計算に使用されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

処理モードID cs-uri-クエリ(bb)値は、Pingレベルで構築されたこのシンプルDimensionに使用されます。 cs-uri-クエリ(bb)は空ではなく、cs-uri-クエリ(a)が「2」の処理モードIDに一致すると、システムの処理モード(Fast Input、Fast Merge、Real Time)を確認できます。

注意: このディメンションは、非表示になった後、クライアント側のディメンション処理モードでフレンドリ値を使用して再公開されます。

プロファイル cs-uri-クエリ(ba)値は、このシンプルDimensionに使用され、Pingレベルで構築されます。 このディメンションには、現在監視中のプロファイルの名前が表示されます。
クイックチェック秒数 このNumericDimensionには、cs-uri-クエリ(h)値が使用されます。 cs-uri-クエリ(a)が"1"に一致するというPingレベルの条件で構築されます。
クイックチェック成功 これは、Pingレベルで構築されたcs-uri-クエリ(g)値から構築されたシンプルディメンションです。 クイックチェック指標の計算に使用されます。
リアルタイム処理の割合 Pingレベルで構築されたcs-uri-クエリ(t)値を使用する数値Dimension。 cs-uri-クエリ(a)が「1」に一致することを条件付けられます。
最も後のソース Pingレベルで構築されたcs-uri-クエリ(bl)値から構築された単純なDimension。 このディメンションには、データソースとの最後の接触が発生した日時が表示されます。
一時DB領域の割合 cs-uri-クエリ(an)値を使用して構築された、Pingレベルで構築された数値Dimension。 cs-uri-クエリ(k)は空ではなく、cs-uri-クエリ(a)は「1」に一致すると条件付けられます。 特定のサーバー上で使用されている一時DB領域の割合を計算するために使用されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

変換の割合 この数値ディメンションには、cs-uri-クエリ(bf)値が使用されます。 これはPingレベルで構築されます。 このディメンションは、完全なデータ変換の割合を計算するために使用されます。

注意: このディメンションは、指標に平均化される場合にのみ役立つので、非表示になります。

Data Workbenchバージョン この単純なDimensionには、cs-uri-クエリ(ab)値が使用されます。 これはPingレベルで構築され、cs-uri-クエリ(ab)が空ではなく、cs-uri-クエリ(a)が「1」に一致することが条件付きです。 これにより、各サーバーで実行されているdata workbenchサーバーのバージョンが表示されます。
Data Workbenchバージョンメジャー cs-uri-クエリ(ab)値が分割され、メジャーリリース値がx-insight-version-majorフィールドにコピーされます。 これは、Pingレベルで構築された単純なDimensionで、x-insight-version-majorが空でないこと、およびcs-uri-クエリ(a)が"1"に一致することを条件付けられています。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now