指標、ディメンション、フィルターの拡張

Data Workbenchでは、新しい指標、フィルターおよびディメンションを作成して、アプリを通じて利用できる情報を拡張したり、必要に応じてアプリの定義を簡単にカスタマイズしたりできます。 指標、ディメンション、フィルターのオープンエンドな特性を使用すると、新しい指標やディメンションを追加する際に、より多くの質問に答えることができます。

新しく定義した指標は、既存のディメンションに対して評価でき、同様に、既存の指標は、新しく定義したディメンションに対して評価できます。 新しく定義した指標は、他の指標の入力として使用することもできます。 指標はクライアント側で構築されるので(つまり、その構築にデータセット処理が必要ない)、システムのパフォーマンスに与える影響は最小限に抑えられます。 様々なレベルの指標を作成することで、分析機能を強化できます。

指標、ディメンションおよびフィルターを操作するために使用する構文について詳しくは、言語構文を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now