組み込みディメンション

Data Workbenchには、組み込みのディメンションが含まれています。

次の表に、Data Workbenchで使用可能な組み込みディメンションを示します。

名前 詳細 レベル 説明
なし 派生 該当なし すべてのディメンションのすべての要素に関連する単一の要素「」を持つ。 「なし」に対する指標の評価は、ディメンションなしに対する指標の評価と似ています。

フィルター[なし=""]は、 [True]と同じです。

1つ(非表示) 数値 該当なし 要素「1」(序数値 = 1も含む)は、すべてのディメンションのすべての要素に関連します。 通常、「1」ディメンションは、次の構文を使用してカウントを構成するために使用します。

sum(one,Countable_Dimension)

このページ