ワークステーションの要件

Data Workbench のワークステーション(クライアント)をインストールするための要件および推奨事項です。

その他の必要なData Workbench・システム構成については、サーバの必要システム構成を参照してください。

重要

サーバー、レポートサーバー、およびクライアントコンポーネントは、64ビットWindowsオペレーティングシステム上で動作するようにアップグレードされます。

始める前に

Data Workbench ワークステーション(クライアント)をインストールする前に、必ず以下の作業を完了してください。

  • 以下の実行ファイルについて、Windows 2012 Server の MS System Center Endpoint Protection の​除外プロセス​を​追加​します。

    • InsightServer64.exe
    • ReportServer.exe
    • ExportIntegration.exe

    これにより、これ許可リストらのインターフェイス実行可能ファイルに対する権限が有効になります。

  • 分析データをエクスポートするには、Microsoft Excel をインストールします。 Data WorkbenchからデータをMicrosoft Excel(または)ファイルとしてエク .xls スポートするには、ワークスペースをインストールしたコンピューターにExcelがインストールされ、登録されている必要がありま .xlsxす。Excelが登録されていない場合に、Data Workbenchが初めてExcelにアクセスしようとすると、登録ダイアログボックスが表示されます。 登録されているかどうかが不明な場合は、Excel を手動で起動し、登録ダイアログボックスが表示されれば登録プロセスを完了します。

    メモ

    Data Workbench 6.4 のリリースに伴って、Excel 2007 のサポートが終了しました。また、Data Workbench は 64 ビットアーキテクチャの Microsoft Windows 上でのみ動作するので、64 ビット版の Microsoft Excel もインストールすることをお勧めします。

  • 拡大縮小したワークスペースを PDF に出力するには、Adobe Acrobat をインストールします。 拡大縮小したData WorkbenchをAdobe PDF形式で印刷するには、ワークスペースをインストールしたコンピューターにAdobeがインストールされている必要 Acrobat があります。

  • ワークスペースを印刷するには、プリンターにアクセスできるようにします。 ワークスペースをData Workbenchから印刷するには、Data Workbenchをインストールしたコンピュータがプリンタにアクセスできる必要があります。Data Workbenchは、ワークスペースをカラーまたはモノクロで印刷でき、ポストスクリプトやその他の高度なプリンター機能は必要ありません。 適切な結果を得るために、アドビではワークスペースをカラーで印刷することを推奨しています。

  • セキュリティ対策を実施します。 Data Workbench・コンピュータに対する企業の通常のエンタープライズ・セキュリティ・ポリシーに従う必要がある。主な目的を果たすために、Data Workbenchは(ポート80と443を介して)サーバーと、データを収集する任意のサーバーに接続する機能のみを必要とします。 Data Workbench・ソフトウェアを保守し、Data Workbench用に少なくとも10 GBのストレージ領域を割り当てる限り、Data Workbench・ハードウェアをその他の目的に使用できます。

  • ビジュアライゼーションを正確にレンダリングするため、Data Workbench をインストールするコンピューターには適切な​グラフィックアダプター​がインストールされている必要があります(下記のグラフィックアダプターの要件を参照してください)。

Data Workbench クライアントの要件

オペレーティングシステム

  • Microsoft Windows 7 64-bit
  • Microsoft Windows 8.1 64-bit
  • Microsoft Windows 10 64ビット
メモ

Windows XPは、Data Workbench6.1以降のバージョンではサポートされていません。

解像度

  • 必須:1024 x 768 (XGA)
  • 推奨:1920 x 1200 (WUXGA)

グラフィックアダプター

  • 必須:OpenGL 3.2をサポートするOpenGLハードウェアアクセラレーション
  • 推奨:専用ビデオアダプタ(NVIDIAやATIアダプタなど)

プロセッサー

  • 必須:1.2 GHz以上のIntelまたはAMD
  • 推奨:ICore 2 Duoクラス

RAM

  • 必須:2 GB
  • 推奨:4 GB

接続

  • 必須:DPUへの512 Kbpsリンク
  • 推奨:DPUへの2 Mbps以上のリンク

ファイルシステム

NTFS

ディスクストレージ

ハードディスクドライブの 10 GB 以上の空きスペース

印刷

ワークスペースとレポートを印刷するためのプリンター(カラーまたはグレースケールのプリンター)

その他

  • 専用マウス
  • 低グレアの作業環境
  • つや消し面のモニター

このページ