Geography プロファイルのインストール

Data WorkbenchGeographyに付属するGeographyプロファイルは、Adobeアプリケーションに追加機能を提供する内部プロファイルです。

Adobeが提供するその他すべての内部プロファイルと同様に、Geographyプロファイルは変更しないでください。 すべてのカスタマイズは、お客様のデータセットまたはお客様が作成する役割に特有のプロファイルまたはその他のプロファイルで行う必要があります。

Geographyプロファイルには、地理的なディメンションを定義するいくつかの変換データセットインクルードファイル(Dataset\Transformation\Geographyフォルダー内)が含まれています。 Geographyプロファイルに付属する変換データセットインクルードファイルのリストを次に示します。

  • City.cfg
  • Coordinates.cfg
  • Country.cfg
  • DMA.cfg
  • Domain.cfg

各ファイルには、定義する拡張ディメンションの名前が付けられます。 追加のファイルIPLookup.cfgは、他の変換データセットインクルードファイル内のディメンションを定義するために使用する、複数の地理データフィールドを定義します。

変換データセットインクルードファイルについて詳しくは、『データセット設定ガイド​』を参照してください。

Data Workbenchサーバーにプ Geography ロファイルをインストールするには

メモ

以下のインストール手順は、Data Workbenchをインストールし、Data Workbench GeographyをインストールするData Workbenchサーバーとの間に接続を確立したことを前提としています。 まだおこなっていない場合は、『Data Workbenchユーザーガイド』を参照してください。

  1. Adobeから提供された.zipファイルからProfilesフォルダーを開きます。

  2. Geographyフォルダーを、Data WorkbenchサーバーのインストールディレクトリにあるProfilesフォルダーにコピーします。 次の例に示すように、Data Workbenchサーバー上に…\Profiles\Geographyフォルダーを作成します。 Profilesフォルダー内の他のフォルダーの名前は、表示された名前とは異なる場合があります。

    ステップ情報

  3. 次の手順を実行して、Data Workbench Geographyを使用する各プロファイルのprofile.cfgファイルを更新します。

    1. Profile Manager.

    2. profile.cfgの横のチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。 このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。

    3. 新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open / from the workbench​をクリックします。 profile.cfgウィンドウが表示されます。

    4. profile.cfgウィンドウで​Directories​を右クリックし、Add new / Directory​をクリックします。

      新しいディレクトリをディレクトリのリストの最後に追加するには、リスト内の最後のディレクトリの番号または名前を右クリックし、Add new / Directory​をクリックします。

    5. 新しいディレクトリの名前を入力します。Geography.

    6. ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、「Save」をクリックします。

    7. Profile Managerで、User列のprofile.cfgのチェックマークを右クリックし、Save to / <profile name​をクリックします。

      メモ

      Adobeが提供する内部プロファイル(Geographyプロファイルを含む)には、変更した設定ファイルを保存しないでください。内部プロファイルに対する更新をインストールすると、変更内容が上書きされます。

このページ