タブ区切り値ファイルを参照するベクターレイヤー

タブ区切り値(.tsv)ファイルを参照するベクトルレイヤーを作成すると、描画手順および経度と緯度のデータを .tsv ファイルから取得することによってベクトルデータが得られます。

.tsvファイルを参照するベクトルレイヤーを定義するには、次のファイルが必要です。

  • 経度と緯度のデータなど、グローブ上にベクトルを描くために使用するデータを含む .tsv ファイルです。.tsvファイルに必要な形式について詳しくは、ベクトルTSVファイルの形式を参照してください。

  • ァイルの場所を指定するレイヤー .tsv ファイル。レイヤーファイルの必要な形式について詳しくは、「ベクトルレイヤーファイルの形式」を参照してください。

ベクトルTSVファイル形式

.tsvファイルには、次の3つのタブ区切り列を含める必要があります。

  • Begin: この列は、新しい行を開始するかどうかを示す必要があります。この列の値は、0(新しい行を開始しない)か 1(新しい行を開始する)です。
  • Longitude: この列には経度の値を含める必要があります。
  • Latitude: この列には緯度の値を含める必要があります。
メモ

その他の列は無視されます。

次に、ベクトルレイヤーのデータを含むサンプル.tsvファイルを示します。

ベクトルレイヤーファイル形式

.tsvファイルを参照する各ベクトルレイヤーファイルは、次のテンプレートを使用してフォーマットする必要があります。

Layer = VectorLayer:
  TSV Files = vector: n items
    0 = string: Maps\\File Name.tsv
    1 = string: Maps\\File Name.tsv
    . . .
    n-1 = string: Maps\\File Name.tsv
  Color = v3d: color vector
  Alpha = double: alpha
  Width = double: width
  Error Factor = double: error factor
パラメーター 説明
TSV Files

ベクトルデータを含む .tsv ファイルへのパス。

例:Maps\\USVectorData.tsv

Color RGB カラーベクトルで、(red,green,blue) として表されます。ベクトル内のカラーごとに、0.0 ~ 1.0 の値を入力できます。例えば、(1.0, 0.0, 0.0) は明るい赤で、(0.5, 0.5, 0.5) はグレーです。
Alpha グローブ上に表示されるベクトルの透明度を制御します。範囲は 0 ~ 1 で、0 が最も透明になります。
Width (オプション)データの幅をピクセル単位で設定します。推奨範囲は 1 ~ 4 です。
Error Factor ベクトルをどれくらい正確に描画するかを制御します。値が大きくなると、ベクトルの描画精度は低下しますが、高速になります。デフォルト値は 5 です。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now