新規地形画像レイヤーを利用可能にする

最終更新日: 2022-10-05
  • 作成対象:
  • User
    Admin
重要

Data Workbench 提供終了のお知らせ.

新しい地形レイヤーをグローブビジュアライゼーションに表示できるようにする手順です。

  1. 次の場所にある Profiles*profile name*\Maps フォルダー: Insight Server インストールディレクトリに、レイヤーファイルとサポート画像ファイルを配置します。

  2. を編集します。 order.txt ファイルを Profiles*profile name*\Maps フォルダーに保存し、レイヤーを表示する順序を反映します。 デフォルトで、レイヤーは名前の辞書順で表示されます。

    メモ

    を編集する際に order.txt ファイルを表示するマップ画層を覆い隠さないように注意してください。

    order.txt ファイルの使用方法の詳細については、『Data Workbench ユーザーガイド』のインターフェイスおよび分析機能の設定の章を参照してください。

  3. Data Workbench で、ワークスペースのタイトルバーを右クリックし、 Switch Profile > <profile name>.

  4. ワークスペースのタイトルバーを右クリックし、 Work Online. の横に X が表示されます。 Work Online.

  5. ワークスペースを開き、グローブビジュアライゼーションで右クリックして、新しいレイヤーを選択します。レイヤー名の横に X マークが表示されます。

このページ