新規地形画像レイヤーを利用可能にする

新しい地形レイヤーをグローブビジュアライゼーションに表示できるようにする手順です。

  1. Insight Server​インストールディレクトリ内のプロファイル*プロファイル名*\Mapsフォルダーに、レイヤーファイルとサポート画像ファイルを配置します。

  2. プロファイル*プロファイル名*\Mapsフォルダー内のorder.txtファイルを編集し、レイヤーを表示する順序を反映します。 デフォルトで、レイヤーは名前の辞書順で表示されます。

    メモ

    order.txtファイルを編集する際は、表示するマップレイヤーを隠さないように注意してください。

    order.txt ファイルの使用方法の詳細については、『Data Workbench ユーザーガイド』のインターフェイスおよび分析機能の設定の章を参照してください。

  3. data workbenchで、ワークスペースのタイトルバーを右クリックし、Switch Profile/profile name>​をクリックして、目的のプロファイルを選択します。

  4. ワークスペースのタイトルバーを右クリックし、「Work Online」をクリックします。 Work Onlineの横にXが表示されます。

  5. ワークスペースを開き、グローブビジュアライゼーションで右クリックして、新しいレイヤーを選択します。レイヤー名の横に X マークが表示されます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now