地形画像レイヤーの操作

data workbenchでは、地形画像レイヤーに地球の地形画像が表示されます。

地形画像レイヤーは、カスタム形式でGeographyプロファイルに保存されます。 これらの画像レイヤーはAdobeが生成できます。または、data workbenchサーバーが、ユーザーが提供した地形画像を、グローブビジュアライゼーションでの使用に適した地形レイヤーに変換できます。

メモ

地形画像レイヤーを操作するには、Adobeから提供されるTerrain Images.cfgファイルをインストールする必要があります。 インストール手順については、Data Workbench地域のインストールを参照してください。

地形画像レイヤーを定義するには、次のファイルが必要です。

  • グローブに表示する画像を含む 1 つまたは複数の地形画像ファイル
  • レイヤーに使用する地形画像ファイルを指定する Terrain Images.cfg ファイル。Terrain Images.cfg ファイルにより、1 つ以上のソースを追加して、地形画像レイヤーを作成できます。地形画像ファイルの形式により、追加する必要のあるソースの種類が決まります。次の表に、サポートされている地形画像のファイル形式を含め、利用できる地形画像レイヤーのソースに関する説明を記載します。
タイプ 説明
Raw unprojected bitmap

緯度-経度で並べた(投影されていない)24 ビットのヘッダーなしの RGB ファイルから地形画像レイヤーを作成します。このファイルでは画像の上が北で、右が東です。

サポートされている画像形式:RAW

注意:このソースには投影情報が必要です。投影形式について詳しくは、地形画像の投影情報の指定を参照してください。

General image, unprojected

緯度-経度で並べた(投影されていない)24 ビットの画像形式から地形画像レイヤーを作成します。このファイルでは画像の上が北で、右が東です。

サポートされている画像形式:BMP、JPG、PNG、TIFF

注意:このソースには投影情報が必要です。投影形式について詳しくは、地形画像の投影情報の指定を参照してください。

Image with embedded projection

画像ファイルに測地データが埋め込まれている画像形式から、地形画像レイヤーを作成します。投影情報は画像から抽出されます。

サポートされている画像形式:Erdas(IMG)、GeoTIFF

注意:通常このソースでは投影情報を必要としませんが、必要であれば、こうした情報の追加もサポートされています。投影形式について詳しくは、地形画像の投影情報の指定を参照してください。

地形画像レイヤー​を定義するには

  1. Data Workbenchの「Admin/Dataset and Profile」タブで、Servers Manager​サムネールをクリックしてServers Managerワークスペースを開きます。

  2. Servers Managerウィンドウ内で、目的のdata workbenchサーバーのアイコンを右クリックし、Server Files​をクリックします。

  3. Server Files Managerの​Components​をクリックして、内容を表示します。 Terrain Images.cfg ファイルは、このディレクトリ内に格納されています。

  4. Terrain Images.cfgのサーバー名列のチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。 Terrain Images.cfg.のTemp列にチェックマークが表示されます

  5. Temp列に新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open/from the workbench​をクリックします。 Terrain Images.cfgウィンドウが表示されます。

  6. Terrain Imagesウィンドウで、component​をクリックして内容を表示します。

  7. Sources/Add new​を右クリックし、次のソースタイプのいずれかを選択します。

    • Raw unprojected bitmap​に移動します。(このソースタイプは、一旦追加されると、Terrain Images ウィンドウで RawTerrainSource というラベルが付きます。)

    • General image, unprojected​に移動します。(このソースタイプは、一旦追加されると、Terrain Images ウィンドウで GDALTerrainSource というラベルが付きます。)

    • Image with embedded projection​に移動します。(このソースタイプは、一旦追加されると、Terrain Images ウィンドウで GDALTerrainSource というラベルが付きます。)

  8. 必要に応じて、次のサンプルファイルとパラメーター表をガイドとして使用し、ソースのパラメーターを編集します。

パラメーター 説明
Gamma すべてのソースに対してオプションです。ソース画像に適用されるガンマ補正を指定します。data workbench は通常、高いガンマ設定で動作するため、このパラメーターの設定が望ましい場合があります。デフォルト値は 1 です。
Height Raw unprojected bitmap 画像に対して必須です。ソース画像の高さをピクセルで指定します。
Projection Info

Raw unprojected bitmap 画像と General image, unprojected 画像に対して必須ですが、Image with embedded projection 画像に対してもサポートされています。Data Workbench地域は、地形画像レイヤー用に緯度 — 経度投影法と横メルカトル(TM)投影法をサポートしています。 デフォルトの投影形式は、緯度-経度図法(LatLonProjection)です。

投影形式について詳しくは、「 地形画像の投影情報の指定.

Source Image すべてのソースに対して必須です。ソース画像ファイルの名前を指定します。ファイル名またはワイルドカードパターンを使用できます。パターンの使用は、例えば、異なる日付で同じ地域の画像がアップロードされ、関連するメタデータが変更されない場合に役に立ちます。したがって、「 Tysons Corner *.raw」のようなパターンは、新しいイメージが追加され、設定がない新しいイメージが追加されると、 Tysons Corner 050211.raw Tysons Corner 05002100210000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000ファイルのパラメーターがそれ以外同じである場合に必要です。
Tile Compression Quality

すべてのソースに対してオプションです。JPEG 圧縮用に、0 ~ 100 の整数で画像サイズと画質のバランスを指定します。(デフォルト値は 0 です。)数値が高いほど画質が良くなりますが、大きな画像が生成され、data workbench ユーザーのダウンロード時間が長くなります。

70未満で画像を圧縮すると、画質劣化が発生する場合があります。

Tile Compressor すべてのソースに対してオプションです。出力ファイルの作成に使用する圧縮方式を指定します。現在サポートされている方式は、RAWRGB(デフォルト、圧縮なし)と JPEG だけです。プロファイルの同期中に送信されるレイヤーのサイズを低減するには、JPEG 圧縮を使用します。
Width Raw unprojected bitmap 画像に対して必須です。ソース画像の幅をピクセルで指定します。
  1. 次の表をガイドとして使用し、Source Image Location」、「Temp Image Storage」および「Write Layers To」パラメーターを編集します。これらのパラメーターは、このファイルの Sources セクションで定義するすべての地形画像ソースに適用されます。

    パラメーター 説明
    Source Image Location 必須。地形レイヤーに変換する画像をスキャンするディレクトリ。絶対パスでない場合、data workbench サーバーのインストールディレクトリに対する相対パスと解釈されます。
    Temp Image Storage (オプション)ソース画像を地形レイヤーに変換する際に使用する一時ファイルの記憶に使用するディレクトリの名前。絶対パスでない場合、data workbench サーバーのインストールディレクトリに対する相対パスと解釈されます。デフォルトの場所は Temp ディレクトリです。
    Write Layers To 必須。地形レイヤーの出力先ディレクトリ。 通常は、Globeビジュアライゼーションがレイヤーを見つけられるように、プロファイルディレクトリのMapsサブディレクトリです。
  2. ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、Save​をクリックして、ファイルを保存します。

  3. 更新したファイルをdata workbenchサーバーコンピューターに保存するには、Server Files Managerで、Temp列のTerrain Images.cfgのチェックマークを右クリックし、Save to/server name>​をクリックします。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now