緯度-経度投影法

Terrain Images.cfg ファイル内の緯度-経度投影形式(LatLonProjection)は、緯度と経度に関する 4 つのパラメーターで定義されます。

未投影の画像(生の未投影ビットマップおよび未投影の一般的な画像)に対して LatLonProjection を指定するには、data workbench の Terrain Images.cfg ウィンドウ内で LatLonProjection の設定を入力します。未投影の画像に対してLatLonProjectionを指定するにはを参照してください。

埋め込み投影情報を含む画像に対してLatLonProjectionを指定するには、メモ帳などのテキストエディターでTerrain Images.cfgファイルを開き、Projection Infoパラメーターを「LatLonProjection」に設定し、LatLonProjectionの設定を追加する必要があります。 埋め込み投影情報内の画像のLatLonProjectionを指定するにはを参照してください。.

未投影の画像に対してLatLonProjectionを指定するには

  1. Data WorkbenchでTerrain Images.cfgファイルを開き、 地形画像レイヤーを定義するにはで説明しているように、地形画像レイヤーソースを追加します。

  2. 以下のパラメーターの表をガイドとして使用して、Projection Info パラメーターを編集します。

    パラメーター 説明
    Lat0 画像の上の辺の緯度(度単位)。90 は北極を表し、-90 は南極を表します。
    Lat1 画像の下の辺の緯度。
    Lon0 画像の左側の辺の経度(度単位)。正数は東経を表し、負数は西経を表します。
    Lon1 画像の右側の辺の経度。
  3. ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、「Save」をクリックして、ファイルを保存します。

  4. ローカルでおこなった変更をData Workbenchサーバーマシンに保存するには、Server Files Managerで、Temp列のTerrain Images.cfgのチェックマークを右クリックし、Save to/<server name​をクリックします。

埋め込み投影情報内の画像に対してLatLonProjectionを指定するには

  1. Server Files Managerで、Components​をクリックして内容を表示します。 Terrain Images.cfg ファイルは、このディレクトリ内に格納されています。

  2. Terrain Images.cfgのサーバー名列のチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。 Terrain Images.cfgのTemp列にチェックマークが表示されます。

  3. Temp列に新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open / in Notepad​をクリックします。 Terrain Images.cfgファイルがメモ帳ウィンドウに表示されます。

  4. 以下のサンプルファイルの一部をガイドとして使用して、Projection Info パラメーターを編集します。以下にハイライトされているように、投影タイプを必ず指定してください。パラメーターの説明については、前の手順の LatLonProjection パラメーターの表を参照してください。

    Projection Info = LatLonProjection: 
      Lat0 = double: 90
      Lat1 = double: -90
      Lon0 = double: -180
      Lon1 = double: 180
    

このページ