緯度-経度投影法

Terrain Images.cfg ファイル内の緯度-経度投影形式(LatLonProjection)は、緯度と経度に関する 4 つのパラメーターで定義されます。

未投影の画像(生の未投影ビットマップおよび未投影の一般的な画像)に対して LatLonProjection を指定するには、data workbench の Terrain Images.cfg ウィンドウ内で LatLonProjection の設定を入力します。未投影の画像に対してLatLonProjectionを指定するにはを参照してください。

埋め込み投影情報を含む画像に対してLatLonProjectionを指定するには、メモ帳などのテキストエディターでTerrain Images.cfgファイルを開き、Projection Infoパラメーターを「LatLonProjection」に設定し、LatLonProjectionの設定を追加する必要があります。 埋め込み投影情報内の画像に対してLatLonProjectionを指定するにはを参照してください。.

未投影の画像に対してLatLonProjectionを指定するには

  1. data workbenchでTerrain Images.cfgファイルを開き、地形画像レイヤーを定義するにはの説明に従って、地形画像レイヤーソースを追加します。

  2. 以下のパラメーターの表をガイドとして使用して、Projection Info パラメーターを編集します。

    パラメーター 説明
    Lat0 画像の上の辺の緯度(度単位)。90 は北極を表し、-90 は南極を表します。
    Lat1 画像の下の辺の緯度。
    Lon0 画像の左側の辺の経度(度単位)。正数は東経を表し、負数は西経を表します。
    Lon1 画像の右側の辺の経度。
  3. ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、Save​をクリックして、ファイルを保存します。

  4. ローカルに適用した変更をData Workbenchサーバーコンピューターに保存するには、Server Files Managerで、Temp列のTerrain Images.cfgのチェックマークを右クリックし、Save to/server name​をクリックします。

埋め込み投影情報内の画像に対してLatLonProjectionを指定するには

  1. Server Files Managerの​Components​をクリックして、内容を表示します。 Terrain Images.cfg ファイルは、このディレクトリ内に格納されています。

  2. Terrain Images.cfgのサーバー名列のチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。 Terrain Images.cfgのTemp列にチェックマークが表示されます。

  3. Temp列に新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open/in Notepad​をクリックします。 Terrain Images.cfgファイルがメモ帳ウィンドウに表示されます。

  4. 以下のサンプルファイルの一部をガイドとして使用して、Projection Info パラメーターを編集します。以下にハイライトされているように、投影タイプを必ず指定してください。パラメーターの説明については、前の手順の LatLonProjection パラメーターの表を参照してください。

    Projection Info = LatLonProjection: 
      Lat0 = double: 90
      Lat1 = double: -90
      Lon0 = double: -180
      Lon1 = double: 180
    

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now