動的ポイントを使用した要素ポイントレイヤーの定義

動的ポイントを使用して要素ポイントレイヤーを作成すると、ディメンションの各要素に緯度と経度のデータが埋め込まれます。

動的ポイントを使用して要素ポイントレイヤーを定義するには、以下のものを作成するか、既に利用可能でなければなりません。

  • **​**Transformation.cfg ファイルまたは 変換データセットインクルードファイルで定義され、各要素に「latitude,longitude」または「latitude,longitude,name」という文字列が含まれているディメンション。

    ディメンションを作成する手順については、『データセット設定ガイド』を参照してください。

  • 関連ディメンションを指定するレイヤーファイル。

    レイヤーファイルに必要な形式について詳しくは、「要素ポイントレイヤーファイルの形式」を参照してください。

メモ

Dynamic Pointsを使用する場合は、レイヤーファイルで指定したディメンションの基数が妥当であることを確認する必要があります。 データセットの行ごとに緯度と経度が異なる場合、ディメンションはすぐにいっぱいになり、大部分の行は小さい要素に分類されます。小さい要素は緯度と経度を持たないので、グローブ上に表示されません。

要素ポイントレイヤーファイルの形式

動的ポイントを使用する各要素ポイントレイヤーファイルは、以下のテンプレートを使用してフォーマットする必要があります。

Layer = ElementPointLayer:
  Dimension = ref: wdata/model/dim/Dimension Name
  Metric = ref: wdata/model/metric/Metric Name
  Dynamic Points = bool: true
  Scale = double: Scale
  Color = v3d: RGB Color Vector
  Rendering Mode = int: Mode Number
パラメーター 説明
ディメンション

ディメンションの名前(変換設定ファイルで定義)。以下の例に示すように、「latitude,longitude」または「latitude,longitude,name」という文字列を持つ要素を含める必要があります。

  • 37.5181,-77.1903
  • 35.3317,-77.8126,Somewhere

指標 Dimension パラメーターで指定されたディメンションに対して評価される指標の名前。
Dynamic Points 動的ポイントを有効にします。true に設定します。
Scale (オプション)レイヤー内のポイントのサイズ設定に使用する値です。デフォルト値は 100 です。値が大きいとポイントが大きくなり、値が小さいとポイントが小さくなります。
Color (オプション)RGB カラーベクトルで、(red,green,blue) として表されます。ベクトル内のカラーごとに、0.0 ~ 1.0 の値を入力できます。例えば、(1.0, 0.0, 0.0) は明るい赤で、(0.5, 0.5, 0.5) はグレーです。
Rendering Mode

(オプション)レイヤーに使用するレンダリングモードを表す整数値です。次の 3 つのモードを使用できます。

  • レンダリングモード 1。ポイントのサイズは画面空間内で定義されます(ポイントは、コンピューター画面に相対的に一定のサイズに保たれます)。ポイントはポリゴンを使用して描画されるため、ポイントのサイズに上限はありません。これがデフォルトのレンダリングモードです。
  • レンダリングモード 2。ポイントのサイズは世界空間内で定義されます(ポイントは、グローブに相対的に一定のサイズに保たれます)。ポイントはポリゴンを使用して描画されるため、ポイントのサイズに上限はありません。
  • レンダリングモード 3。ポイントのサイズは、画面空間内で定義されます。ポイントは、OpenGL のスムーズポイントを使用して描画されます。

IP Coordinates.layer ファイルは以下のようにフォーマットされています。

Layer = ElementPointLayer:
  Dimension = ref: wdata/model/dim/Coordinates
  Metric = ref: wdata/model/metric/Visitors
  Dynamic Points = bool: true

このページ