画像レイヤーについて

概念Geographyプロファイルレイヤー、画像レイヤーのタイプ、新しいレイヤーの作成に関する情報。

画像レイヤーのタイプ

Data WorkbenchのGeographyでは、Data Workbenchで次のタイプの画像レイヤーを表示できます。

  • 地形画像レイヤー: このタイプのレイヤーでは、地球の地形画像を表示し、その上に地理データを表示できます。data workbenchのグローブビジュアライゼーションは、地形画像レイヤーの例です。 地形画像レイヤーの操作を参照してください。

  • 要素ポイントレイヤー: このタイプのレイヤーでは、ディメンションの各要素に対してグローブ上の1つのポイントを表示します。要素ポイントレイヤーの操作を参照してください。

  • ベクトルレイヤー: このタイプのレイヤーでは、グローブ上にベクトルデータ(ラインアート)が表示されます。ベクトルレイヤーの操作を参照してください。

data workbench では、特定の分析タスクに対して、これらのレイヤーのうちどのレイヤーを表示するかを選択できます。

Geography プロファイルレイヤー

Geography プロファイルでは、デフォルトの画像レイヤーのセットが提供されます。これらは data workbench サーバーのインストールディレクトリ内の Profiles\Geography\Maps フォルダーに保存されています。

  • Blue Marble 2km: この地形画像レイヤーは、ワークスペースにグローブビジュアライゼーションを追加したときに表示される、世界の3Dマップを作成します。このレイヤーが選択されていない場合、グローブは表示されませんが、他のレイヤーは表示されます。Blue Marble 2km.layerファイルはBlue Marble 2km.tsiファイルを参照します。

    グローブビジュアライゼーションの操作について詳しくは、『Data Workbenchユーザーガイド​』を参照してください。

  • 郵便番号: この要素ポイントレイヤーを使用すると、米国の郵便番号を使用してデータセット内の場所をマッピングできます。Zip Points.txt ルックアップファイル(Adobe が提供)には、米国のすべての郵便番号と各郵便番号の緯度と経度のリストが含まれています。Zip Points.layerファイルは、Zip Points.txtファイルとZipcode.dimファイルを参照し、グローブ上の場所を表示するのに必要な設定パラメーターを含みます。 データセット内で定義する郵便番号のディメンション(Zipcode.dim)の各要素は、Zip Points.txt ルックアップファイルに記載されている、その郵便番号の緯度と経度を使用してグローブ上にマッピングされます。

    ディメンションの定義について詳しくは、『データセット設定ガイド』を参照してください。

  • 境界: このベクトルレイヤーは、国などの主要な世界の政治的境界と、湖や島などの地球の自然な物理的特徴の境界を提供します。Boundaries.layerファイルは、mwcoast.vec、mwisland.vec、mwlake.vec、mwnation.vec、mwriver.vec、mwstate.vec、US states.vec、world boundaries.vecの1つ以上のファイルを参照します。

  • IP座標: この要素ポイントレイヤーでは、動的ポイントを使用して、IPアドレスを使用してデータセット内の場所をマッピングできます。IP Coordinates.layer ファイルでは、座標のディメンション(Coordinates.dim)を参照します。また、各座標のグローブ上のポイントのサイズを決定する際に使用する指標として、Visitors 指標を指定します。

Geography プロファイルや、ご使用のインストール内の他のプロファイルには、ほかにも Adobe が提供した画像レイヤーやお客様の会社が作成した画像レイヤーが含まれている場合があります。

新しいレイヤーの作成

新しい画像レイヤーを作成するには、 Geographyプロファイルに含まれる適切なタイプのレイヤーファイルを任意のProfiles*profile name*\Mapsフォルダーにコピーし、必要に応じてファイルの名前を変更して編集します。 新しいレイヤーはすべて、以下の要件を満たす必要があります。

  • .layerファイルは、サポートされているレイヤータイプのいずれかの形式に従う必要があります。
  • 必要に応じて、.layerファイルは、適切なルックアップファイルとディメンションファイルを参照する必要があります。
  • 参照先の参照ファイルも、Data Workbenchサーバーのインストールディレクトリ内に保存する必要があります。また、そのパスは.layerファイルで正確に指定する必要があります。

各タイプのレイヤーファイルとその関連ファイルの形式およびパラメーターについて詳しくは、この章の該当するレイヤータイプの節を参照してください。

このページ