データサービスファイルの更新

重要

Data Workbench 提供終了のお知らせ.

いずれかのデータサービスを購読する場合、Data Service が提供するデータサービスファイルを定期的に更新する必要があります。Adobe

そのためには、Data Workbench サーバー上のファイルにアクセスできる必要があります。

読み込む IP Geo-location または IP Geo-intelligence データファイルを使用する場合は、次の手順を実行する必要があります。

データファイルの置き換え

  1. Data Workbench で、 Admin > Dataset and Profile タブで、 Servers Manager サムネールを開く Servers Manager ワークスペース。

  2. 内 Servers Manager ウィンドウで、ファイルの読み込み先の data workbench サーバーのアイコンを右クリックし、 Server Files.

  3. 内 Server Files Manager、 TempLookups\IP Geo-location または Lookups\IP Geo-intelligence をクリックし、 Open > <folder>.

  4. を .bin Adobeが Lookups\IP Geo-location または Lookups\IP Geo-intelligence フォルダーウィンドウに提供するデータファイル。

  5. ファイルを Data Workbench サーバーコンピューターに保存するには、 Temp 列をクリックし、 Save to > <server name>.

    クラスターを実行している場合は、クラスター内のマスター Data Workbench サーバーにファイルをアップロードします。

IPLookup 変換の更新

  1. 内 Profile Managerをクリックし、 Dataset, Transformation、および Geography.

  2. の横のチェックマークを右クリックします。 IP Lookup.cfg をクリックし、 Make Local. このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。

  3. 新しいチェックマークを右クリックし、 Open > from the workbench. 変換設定ウィンドウが表示されます。

  4. ウィンドウで、 Transformation​を選択し、「 Transformations.

  5. を探して、次のいずれかをクリックします。 IPLookup Quova または IPLookup Digital Envoy.

  6. File パラメーターで、新しいデータの名前 ( .bin) ファイルに関する情報は、Adobeが提供します。

  7. 右クリックして変換設定ファイルを保存します (modified) をクリックし、 Save.

  8. 変更した設定ファイルを、データサービスを使用する各プロファイルに保存するには、の横のチェックマークを右クリックします。 IP Lookup.cfg 内 User 列とクリック Save to > <profile name>. データセットプロファイルの同期後、データの再変換が開始されます。

    データセットの再変換について詳しくは、 データセット設定ガイド.

    メモ

    変更した設定ファイルを、Adobeが提供する内部プロファイル ( IP Geo-location または IP Geo-intelligence プロファイル )。変更内容は、これらのプロファイルの更新をインストールすると上書きされます。

をインストールした場合、 IP Geo-intelligence および IP Geo-location バージョン 5.1 以降のデータサービスで、データサービスの更新を完了しています。 ただし、 IP Geo-intelligence および IP Geo-location バージョン 5.1 より前のデータサービスでは、次の追加の手順を実行する必要があります。

参照ファイルの置き換え

次の手順は、 IP Geo-intelligence および IP Geo-location バージョン 5.1 より前のデータサービス。

  1. 内 Server Files Managerをクリックします。 Profiles > IP Geo-intelligence または Profiles > IP Geo-location​を選択し、「 Maps をクリックして、その内容を表示します。

  2. を右クリックします。 TempMaps をクリックし、 Open > <folder>.

  3. 新しい .txt [ マップ ] フォルダウィンドウにAdobeで提供されるファイル。

  4. ファイルを Data Workbench サーバーコンピューターに保存するには、 Temp 列 .txt ファイルとクリック Save to > <server name>.

メモ

クラスターを実行している場合は、クラスター内のマスター Data Workbench サーバーにファイルをアップロードします。

レイヤーファイルを更新する

メモ

次の手順は、 IP Geo-intelligence および IP Geo-location バージョン 5.1 より前のデータサービス。

各レイヤーに対して次の手順を実行します ( .layer) ファイルを参照します。 IP Geo-intelligence または IP Geo-location 参照 ( .txt) ファイルです。

  1. Data Workbench サーバーのインストールディレクトリ内の Profiles*Data Service name*\Maps フォルダーで、 .layer ファイルをメモ帳などのテキストエディターで作成します。

  2. 内 Data Paths ベクトルを更新する場合は、 .txt 新しい .txt 次のファイル例でハイライト表示されているように、Adobeによって提供されるファイル。

    Layer = ElementPointLayer:
      Data Paths = vector: 1 items
        0 = Path: Maps\\LookupFileName.txt
      Longitude Column = string: LongitudeColumnName
      Latitude Column = string: LatitudeColumnName
      Name Column = string: LocationColumnName
      Key Column = string: KeyColumnName
      Dimension = ref: wdata/model/dim/DimensionName
      Metric = ref: wdata/model/metric/MetricName
    
  3. 更新した画層ファイルを保存します。

  4. 手順 2 と 3 を .layer を参照するファイル IP Geo-intelligence または IP Geo-location .txt ファイル。

このページ