データサービスファイルの更新

いずれかのデータサービスを購読する場合は、アドビが提供するデータサービスファイルを定期的に更新する必要があります。

これを行うには、Data Workbenchサーバー上のファイルにアクセスできる必要があります。

データファイル IP Geo-location を読み込む IP Geo-intelligence には、次の手順を実行する必要があります。

データファイルの置換

  1. Data Workbenchの「/」タブで、サムネ Admin ールをク Dataset and Profile リックしてワ Servers Manager ークスペースを開 Servers Manager きます。

  2. ウィンドウ Servers Manager 内で、ファイルを読み込むData Workbenchサーバーのアイコンを右クリックし、をクリックしま Server Files​す。

  3. で、ま Server Files Managerたはの列を右クリックし、/ TempLookups\IP Geo-location < Lookups\IP Geo-intelligenceOpenfolder right>をクリックします。

  4. アドビから提 .bin 供されたデータファイルを、Lookups\IP Geo-locationまたはLookups\IP Geo-intelligenceフォルダーウィンドウにコピーします。

  5. データファイルの列を右クリックし、/ Temp < Save to >をクリックして、Data Workbenchサーバーコンピューターにファイルを保存します server name

    クラスターを実行している場合は、クラスター内のマスターData Workbenchサーバーにファイルをアップロードします。

IPLookup変換の更新

  1. で、、、 Profile Managerおよびを Dataset​クリ Transformation​ックしま Geography​す。

  2. の横のチェックマークを右クリックし、をク IP Lookup.cfg リックしま Make Local​す。 このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。

  3. 新しいチェックマークを右クリックし、/をクリッ Open クしま from the workbench​す。 変換設定ウィンドウが表示されます。

  4. ウィンドウでをクリックし、 Transformation​をクリックしま Transformations​す。

  5. またはを探してクリッ IPLookup Quova クしま IPLookup Digital Envoy​す。

  6. Fileパラメーターの場合は、ファイルの名前を、アドビが提供する新しいデータ( .bin)ファイルの名前と一致するように更新します。

  7. 変換設定ファイルを保存します。保存するには、設定ウ (modified) ィンドウの上部にある右クリックし、をクリックしま Save​す。

  8. 変更した設定ファイルを、列の横のチェックマークを右クリックし、/ IP Lookup.cfg < User >をクリ Save to ックして、データサービスを使用する各プ ロファイルに保存します​profile name。 データセットプロファイルの同期後、データの再変換が開始されます。

    データセットの再変換について詳しくは、『データセット設定ガイド』の「再処理と再変換」という章を 参照してください

    メモ

    Do not save the modified configuration file to any of the internal profiles provided by Adobe (including the IP Geo-location or IP Geo-intelligence profile), as your changes are overwritten when you install updates to these profiles.

バージョン5.1以 IP Geo-intelligence 降のお IP Geo-location よびデータサービスをインストールした場合は、データサービスの更新が完了しています。 ただし、バージョン5.1より前のバ IP Geo-intelligence ージョ IP Geo-location ンでとデータサービスをインストールした場合は、次の追加の手順を実行する必要があります。

参照ファイルの置換

バージョン5.1より前のバージョンとデータサービスをインス IP Geo-intelligence トールし IP Geo-location た場合にのみ、次の手順を実行してください。

  1. で、「/」ま Server Files Managerたは「/」をクリ Profiles ック IP Geo-intelligence し、をクリ ProfilesIP Geo-locationMaps ックして内容を表示します。

  2. の列を右クリックし、 Temp 「>」 Maps をク Open リック し​folder​ます

  3. アドビから提供され .txt た新しいファイルをMapsフォルダーウィンドウにコピーします。

  4. ファイルの列のチェックマークを右クリックし、/ Temp < .txt >をクリックして、ファイルをData Workbenchサーバ Save to ーコンピューターに 保存し​server name​ます

メモ

クラスターを実行している場合は、クラスター内のマスターData Workbenchサーバーにファイルをアップロードします。

レイヤファイルを更新する

メモ

バージョン5.1より前のバージョンとデータサービスをインス IP Geo-intelligence トールし IP Geo-location た場合にのみ、次の手順を実行してください。

または参照( .layer)ファイルを参照するすべてのレイヤ( IP Geo-intelligence )フ IP Geo-location ァイルに .txt対して次の手順を実行します。

  1. Data Workbenchサーバーのインストールディレクトリ内のProfiles*data service name*\Mapsフォルダーにあるメモ帳などのテキス .layer トエディターでファイルを開きます。

  2. 次のファ Data Paths イルのサンプルで強調表示されてい .txt るように、ベクトル内で、参照ファイルの名前を、アドビが提供する新し .txt いファイルの名前と一致するように更新します。

    Layer = ElementPointLayer:
      Data Paths = vector: 1 items
        0 = Path: Maps\\LookupFileName.txt
      Longitude Column = string: LongitudeColumnName
      Latitude Column = string: LatitudeColumnName
      Name Column = string: LocationColumnName
      Key Column = string: KeyColumnName
      Dimension = ref: wdata/model/dim/DimensionName
      Metric = ref: wdata/model/metric/MetricName
    
  3. 更新した画層ファイルを保存します。

  4. またはファイルを参照するすべてのファ .layer イルに対して、手順2と3 IP Geo-intelligence を繰り返 IP Geo-location.txt します。

このページ