データサービスファイルの更新

いずれかのデータサービスをサブスクライブする場合は、Adobeが提供するデータサービスファイルを定期的に更新する必要があります。

そのためには、Data Workbenchサーバー上のファイルにアクセスできる必要があります。

IP Geo-locationまたはIP Geo-intelligenceデータファイルを読み込むには、次の手順を実行する必要があります。

データファイルの置き換え

  1. Data Workbenchの「Admin/Dataset and Profile」タブで、Servers Manager​サムネールをクリックしてServers Managerワークスペースを開きます。

  2. Servers Managerウィンドウ内で、ファイルの読み込み先のdata workbenchサーバーのアイコンを右クリックし、「Server Files」をクリックします。

  3. Server Files Managerで、Lookups\IP Geo-location​または​Lookups\IP Geo-intelligence​の​Temp​列を右クリックし、Open/folder>​をクリックします。

  4. Adobeから提供された.binデータファイルをLookups\IP Geo-locationまたはLookups\IP Geo-intelligenceフォルダーウィンドウにコピーします。

  5. データファイルのTemp列を右クリックし、Save to/<server name>​をクリックして、Data Workbenchサーバーコンピューターにファイルを保存します。

    クラスターを実行している場合は、クラスター内のマスターData Workbenchサーバーにファイルをアップロードします。

IPLookup変換の更新

  1. Profile Managerで、DatasetTransformationGeography​の順にクリックします。

  2. IP Lookup.cfgの横のチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。 このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。

  3. 新しいチェックマークを右クリックし、Open/from the workbench​をクリックします。 変換設定ウィンドウが表示されます。

  4. ウィンドウで​Transformation​をクリックし、Transformations​をクリックします。

  5. IPLookup Quova​または​IPLookup Digital Envoy​を探してクリックします。

  6. Fileパラメーターの場合は、ファイル名を、Adobeが提供する新しいデータ(.bin)ファイルの名前と一致するように更新します。

  7. 設定ウィンドウの上部の​(modified)​を右クリックし、「Save」をクリックして、変換設定ファイルを保存します。

  8. User列のIP Lookup.cfgの横のチェックマークを右クリックし、Save to/profile name>​をクリックして、変更した設定ファイルを、データサービスを使用する各プロファイルに保存します。 データセットプロファイルの同期後、データの再変換が開始されます。

    データセットの再変換について詳しくは、『データセット設定ガイド​』の「再処理と再変換」という章を参照してください。

    メモ

    変更した設定ファイルは、Adobeが提供する内部プロファイル(IP Geo-locationやIP Geo-intelligenceプロファイルを含む)には一切保存しないでください。これらのプロファイルに対するアップデートをインストールすると変更内容が上書きされます。

バージョン5.1以降用のIP Geo-intelligenceおよびIP Geo-locationデータサービスをインストールした場合は、データサービスの更新が完了しています。 ただし、バージョン5.1より前のバージョンIP Geo-intelligenceおよびIP Geo-locationデータサービスをインストールした場合は、次の追加の手順を実行する必要があります。

参照ファイルの置き換え

バージョン5.1より前のバージョンIP Geo-intelligenceおよびIP Geo-locationデータサービスをインストールした場合にのみ、次の手順を実行してください。

  1. Server Files Managerで、Profiles > IP Geo-intelligence​または​Profiles > IP Geo-location​のいずれかをクリックし、Maps​をクリックしてその内容を表示します。

  2. Maps​の​Temp​列を右クリックし、Open/folder>​をクリックします。

  3. Adobeが提供する新しい.txtファイルをMapsフォルダウィンドウにコピーします。

  4. .txtファイルのTemp列のチェックマークを右クリックし、Save to/server name>​をクリックして、ファイルをData Workbenchサーバーコンピューターに保存します。

メモ

クラスターを実行している場合は、クラスター内のマスターData Workbenchサーバーにファイルをアップロードします。

レイヤーファイルの更新

メモ

バージョン5.1より前のバージョンIP Geo-intelligenceおよびIP Geo-locationデータサービスをインストールした場合にのみ、次の手順を実行してください。

IP Geo-intelligenceまたはIP Geo-location参照(.txt)ファイルを参照するすべてのレイヤー(.layer)ファイルに対して、次の手順を実行します。

  1. Data Workbenchサーバーのインストールディレクトリ内のプロファイル*Data Service name*\Mapsフォルダーにある.layerファイルをメモ帳などのテキストエディターで開きます。

  2. Data Pathsベクトル内で、.txtルックアップファイルの名前を、Adobeが提供する新しい.txtファイルの名前と一致するように更新します。次のファイル例を参照してください。

    Layer = ElementPointLayer:
      Data Paths = vector: 1 items
        0 = Path: Maps\\LookupFileName.txt
      Longitude Column = string: LongitudeColumnName
      Latitude Column = string: LatitudeColumnName
      Name Column = string: LocationColumnName
      Key Column = string: KeyColumnName
      Dimension = ref: wdata/model/dim/DimensionName
      Metric = ref: wdata/model/metric/MetricName
    
  3. 更新した画層ファイルを保存します。

  4. IP Geo-intelligenceまたはIP Geo-location .txtファイルを参照する.layerファイルごとに手順2と3を繰り返します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now