実験の設定とデプロイ

目標、仮説、テストの詳細を定義し、テストコンテンツを作成した後は、制御されたテストを導入するようにSensorを設定する必要があります。

テスト構成ファイルの設定

テストを設定するには、Adobeが提供する(デフォルトではTestExperiment.xlsという名前の)テスト設定スプレッドシートを完成させる必要があります。 このファイルは、Sensorがテストを実行するように設定され、ExpFileパラメータの変更で指定したExcelバージョンのテキストファイルです。

このファイルには複数の実験に関する情報を含めることができ、同じ時間や異なる時間に実行し、異なるグループや割合を使用できますが、これらの実験はどのような相関関係もありません。

この時点で実行するように設定されているファイルに含まれる各実験のグループにユーザーが配置されます。

メモ

各実験は、他のすべての実験から独立しています。 ある実験に加えた変更は他の実験には影響を与えません。また、訪問者は複数の実験に含まれる場合もありますが、結果は相互に関連しません。 複数の実験における変化の間に相関関係があると思う場合は、これらの変化を一緒にテストする新しい実験を作成する必要があります。

テストを設定するには

テストの開始前にこのファイルを完成させ、テストの実行中に情報を変更しないでください。

メモ

実験の開始後に実験の定義が変わると、実験は即座に無効になります。

  1. Webサーバーまたはアプリケーションサーバーに管理者アクセスできる場合は、Webクラスター内の任意のSensorマシンのSensorインストールフォルダーに移動して、TestExperiment.xlsファイルにアクセスします。 管理者アクセス権がない場合は、Adobeのアカウントマネージャーに問い合わせてTestExperiment.xlsファイルを要求してください。

  2. TestExperiment.xlsファイルを開き(必要に応じてこのファイルの名前を変更できます)、次のフィールドに入力します。

フィールド 説明
Experiment

テストを説明する名前。 各実験名は一意にする必要があり、スペースを含めることはできません。

テスト名は、 Insight で実験の結果を表示する際に使用されます。 名前は、制御実験ディメンションの要素名の前半に表示されます。 要素名の後半は、このファイルの「グループ」フィールドのグループ名です。 各グループには次の形式で名前が付けられ、テスト名の後にグループ名が続きます。

EstriptName.Group Name

次に例を示します。 New_Homepage.Control

開始

テストを開始する日時。 値を入力しない場合は、ファイルをデプロイした直後にテストが開始されます。

形式:MM/DD/YYYY H:MM

  • 開始を空のままにして停止時間を空にすると、テストは無限に実行されます。
  • 事前に開始や停止時間を適切に事前定義できます。したがって、必要に応じて、次の年のすべての実験を一度に設定できます。
  • 開始時間と停止時間は、Webサーバーのシステム時間に基づきます。 その時計が何らかの理由で変わった場合、テストが開始したり、予期せず停止したりする可能性があります。
  • テストを設定ファイルのエントリとして追加する際に、近い将来テストを実行したくない場合は、番号記号「#」を使用してテスト情報をコメントアウトするか、過去の開始や停止時間を定義できます。
Stop

テストを終了する日時。 停止日時が発生すると、センサーは、テストグループとして指定されたcookie値をテストURIに送信するのを停止し、すべてのcookieをコントロール母集団URIに送信します。

形式:MM/DD/YYYY H:MM

開始」フィールドの注意事項を参照してください。

グループ

テスト内の各訪問者グループを説明する名前。 グループ名にスペースを含めることはできません。

グループ名は、 Insight での実験の結果を表示する際に使用されます。 詳しくは、「テスト」フィールドの説明を参照してください。

コントロール母集団は、「割合」フィールドに入力した値に基づいて、暗黙的または明示的に定義できます。

注意: テストが統計的に有効となるために、定義した期間中に必要な訪問者数を満たすには、信頼性レベルを下げるか期間を長くする必要があります。 例えば、期間が5日で、信頼性レベルが98%で、必要な訪問者数がその期間の予想数を超える場合は、期間を長くするか、予測数が統計的に有効な実験を行うのに必要な訪問者数を超えるまで信頼性レベルを低くします。

割合(%)

定義された各グループに含めるWebサイト訪問者の割合。 これらの値は、パーセント値または10進値で表すことができます。 さらに、両方の値が1より大きいか小さい必要があります。

次に例を示します。

33.3%および66.7%

.99および。01

すべてのグループの合計が100未満の場合、未定義超過はデフォルトでコントロール母集団に設定されます。

元のURL

再マップするコンテンツのURIの後に$が続きます。 この値では大文字と小文字が区別されます。

形式:index.asp$

元のURIは、URIの末尾にドル記号($)を使用して指定でき、ファイル名と完全に一致する必要があることを示します。 例えば、式 /product/product_view.asp$ は完全一致のページのみと一致し、 /product /product ディレクトリ内の任意のページと一致し、サブツリー全体の再マップに使用できます。 ファイル名の末尾に$文字を指定しない元のURLエントリは、ExpPartialMatchパラメータが「on」に設定されていない限り、テストでは無視されます。 このパラメータの詳細は、 ExpPartialMatchパラメータの変更(オプション) を参照してください。

制御実験機能は、URIステムに追加されたクエリ文字列を無視します。 例えば、ページ

/product/product_view.asp?productid=53982 は有効なURIではありませんが、ページ/product/product_view.asp は有効なURIです。

再マップされたURL

代替コンテンツのURI。

形式:index2.asp

「元のURL」フィールドの注意事項を参照してください。

以下は、完成したTextExperiment.xlsスプレッドシートの例です。

メモ

スプレッドシート内の列の位置は変更しないでください。

この例は、2006年6月1日に「New_Homepage」テスト開始が終了し、2006年6月30日に終了し、50%の訪問者と50%の訪問者を持つテストグループが含まれ、1つのURIに対して異なるコンテンツを表示していることを示しています。

メモ

上記のサンプルファイルには明示的なコントロール母集団が定義されていますが、コントロール母集団を明示的に定義する必要はありません。テストによって自動的にコントロール母集団が作成されます。 テスト内のすべてのグループの割合の合計が100%未満の場合、明示的なグループの1つに分類されないコントロール母集団に暗黙的なユーザーが割り当てられます。

  1. 特定の実験に関する追加情報を提供するコメントを挿入するには、セルの先頭に番号記号(#)を付け、コメントに従います。 コメントはファイル内の任意の場所に挿入できます。

  2. テスト設定スプレッドシートの変数を完成させたら、変更を保存し、タブ区切りのテキスト形式(*.txt)でファイルを保存します。その際、Sensor設定ファイルのExpFileパラメータで指定した名前を使用します。 ExpFileパラメータの変更を参照してください。

    次に、テスト設定テキストファイルの例を示します。

    メモ

    このファイルに必要なタブがあるので、テスト設定のテキストファイルを手作業で編集しないでください。 ファイルに変更を加える必要がある場合は、テスト設定のExcelファイルに変更を加え、タブ区切りのテキストファイルとしてファイルを再保存します。

開始時間と停止時間を定義した場合は、テスト設定ファイルからテストを削除する理由はありません。 実験の設定ファイルにすべての実験を一覧表示しておくのは、実際には各実験の定義を記録しておくのに適しています。

設定ファイルとテストコンテンツの展開

Sensorを実行し、テストに関わるページを提供するWebクラスター内の各マシンに、テスト設定ファイルを展開する必要があります。 これは、手動の手順または既存のコンテンツ管理システムを使用して行うことができます。

テストコンテンツを展開するには

  • テストに関与するページを提供するSensorを実行する各アプリケーションまたはWebサーバーで、既存の公開プロセスを使用して、テストコンテンツを適切な場所に配置します。

    例えば、テストグループページindex2.aspをWebサイトのテストフォルダー(mysite.com)に公開する場合は、ファイルをwww.mysite.com/testに公開します。

    メモ

    Webサイト上のページから直接テストファイルにリンクしないでください。 これにより、テスト結果とインデックススコアが無効になります。

テストを導入するには

  • テストに関与するページを提供するSensorを実行する各アプリケーションまたはWebサーバー上で、テスト設定テキストファイルをSensor設定ファイルのExpFileパラメーターで指定したディレクトリに配置します。 ExpFileパラメータの変更を参照してください。

Sensor ファイル内で定義した割合に基づいて、各グループのWebサイト訪問者をランダムに選択し、必要に応じてテストまたはコントロール母集団のコンテンツを提供します。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now