ExpFile パラメーターの変更

ExpFileパラメータは、テストを定義するテスト設定ファイルの場所を指します。

このパラメーターを設定すると、実験を実行できます。 テスト設定ファイルを作成する手順については、「テストの設定と展開」を参照してください。

次に、ExpFileパラメータの例を示します。

ExpFile /home/experiment.txt

このタブ区切りテキストファイル(.txt)は、Sensorフォルダー内の任意の場所に置くことができ、任意の名前を付けることができます。

実験ディレクトリの場所と指定した設定ファイルの名前を記録してください。これは、テスト設定ファイルをこの名前とこのディレクトリに保存する必要があるからです。

メモ

SensorがインストールされているWebクラスター内の各マシンでこのパラメーターを同じように設定しないと、対照実験は機能しません。

このエントリは事前に設定され、悪影響を与えることなく継続的にSensor設定ファイルに残すことができます。 Sensorが指定したテスト設定ファイル名を見つけなかったり、空白(つまり、存在するがコンテンツはない)の場合、Sensorはテストを実行せず、HTTPサーバにエラーイベントを記録し、それ以外の点でも通常どおりに動作し続けます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now