サイトでの訪問者の識別方法

Site の一般的な設定では、Web サイトへの訪問者を一意に識別し、訪問者の行動を経時的に追跡する目的で cookie を使用します。

特定のブラウザー(訪問者と見なされる)が Web サイトに初めてリクエストした場合、 Sensor は Web サーバーと連携して永続的な Cookie を設定します ( デフォルトでは cs(cookie)(v1st)) で、システム内の内部的には x-trackingid. この cookie は、その訪問者が Web サイトに対して最初におこなったリクエストで 1 回だけ設定されます。 その後、ブラウザーが将来 Web サイトでリクエスト(ページまたは埋め込みオブジェクトのリクエスト)をおこなうたびに、その訪問者から収集されます。

永続的な cookie を受け入れるかどうかは、ブラウザーの判断に従います。 永続的な cookie のブロックを選択した場合でも、ページビュー要求はログに記録されますが、IP フィールドや UserAgent フィールドで Hash 変換を使用するなど、訪問者を識別する代替の方法を実装しない限り、Web サイト上の特定の訪問者やセッションには関連付けられません。

メモ

サイト実験は、使用される訪問者識別の唯一の方法が Sensor 永続的な cookie メソッドを設定します。 J2EE サーバー (JBoss、Tomcat、WebLogic、WebSphere) 上で動作するセンサーは、対照実験をサポートしていません。

対照実験の間、cookie を受け入れないユーザーは、1 回のクリックから次のクリックまで、異なる実験グループに配置できます。 これは、で Broken Session Filter をオフにしてテスト分析を実行した場合にのみ問題になります。 Insight:このAdobeは推奨されません。

Broken Session Filter の詳細については、* Insight ユーザーガイド*。

実験中に訪問者が cookie をクリアした場合、訪問者には新しい cookie が割り当てられ、別のグループに割り当てられている可能性があります。 Adobeは訪問者を新規と識別するので、実験は無効にはなりません。

このページ