対照実験の仕組み

実験では、コントロール母集団に加えて、任意の数のテストグループを定義できます。

実験の実行中、Webサイトへのすべての訪問者は、実験に関係するページにアクセスするとすぐに、テストグループまたはコントロール母集団のいずれかとして、実験の一部になります。 訪問者は、実験設定時に定義された割合で、ランダムに実験グループに割り当てられます。

対照実験は、Webクラスター内の各コンテンツサーバーにインストールされているSensorソフトウェアを使用して実装されます。 コンテンツサーバーがリクエストを受け取ると、Sensorはテストグループの訪問者をランダムに選択し、試験的なコンテンツにページリクエストをリダイレクトします。 Sensorがテストコンテンツを表示する訪問者を選択すると、アドレスバーには最初に要求されたURIが引き続き表示されますが、訪問者はテストURIにルーティングされます。 このプロセスはサーバーアプリケーション内で内部的に実行されるので、テストのタイミングをユーザーは認識しません。これは、公平な実験の重要な考慮事項です。

Sensor は、表示された元のURIではなく、テストURIを分析に使用するログファイルに渡します。

実験の結果は、Insightを使って簡単に分析し、テスト中の実験仮説が正しいかどうかを判断できます。

メモ

Adobeでは、分析データセットの設定と管理を担当する組織内の個人からの入力に応じて、対照実験を調整および実行することを強くお勧めします。

このページ