変換設定ファイルに関する考慮事項

Transformation.cfg ファイルを編集する際に考慮すべき重要な情報について取り上げます。

  • このファイルに含まれるいずれかのパラメーターを変更した場合、データの再変換が必要となります。

  • データを再処理する場合は、Data WorkbenchのProcessing LegendでTransformation Progressパラメーターを確認できます。

    データの再処理やProcessing Legend,について詳しくは、再処理と再変換を参照してください。

  • CrossRows、 ODBCLookup、 Sessionize、および変換 AppendURI は、ファイル内で定義されている場合にのみ機 Transformation Dataset Configuration 能します。これらの変換について詳しくは、データ変換を参照してください。

    メモ

    Adobeでは、データセット構築の変換段階で変換を定義する場合、1つ以上のTransformation Dataset Includeファイルを使用することをお勧めします。 詳しくは、変換データセットインクルードファイルを参照してください。

  • 前述のパラメーターはいずれも Transformation.cfg ファイルをメモ帳で開いて編集することによって追加することができます。編集後、保存した内容は、Data Workbench でファイルを開き直すと表示されます。新しいパラメーターを追加する際は、(Tab キーではなく)スペースキーで空白を 2 つ追加し、前の見出しレベルの右にインデントします。

    データセットプロファイルのデータセット構築プロセスの変換段階で発生したエラーは、Data WorkbenchのDetailed StatusインターフェイスのProfilesノードに表示されます。 Detailed Statusインターフェイスについて詳しくは、『Data Workbenchユーザーガイド』を参照してください。

このページ