データセットのスキーマ

「データセットのスキーマ」インターフェイスには、変換データセット設定ファイルで定義されている拡張ディメンション(可算、シンプル、多対多、数値、非正規、時間の各ディメンション)とそれらのディメンション間の関係が表示されます。

さらに、Dataset Schemaインターフェイスには、定義した派生ディメンションと、非表示に設定されている拡張ディメンションが表示されます。

この節では、以下のトピックについて説明します。

「データセットのスキーマ」インターフェイスでディメンションのタイプを判別するには

次の表に、Dataset Schemaインターフェイスで名前が表示されるディメンションのタイプと色を示します。 (上記の例の)サンプルディメンションの親についても記述しています。

ディメンションタイプ Color サンプルディメンションと親
可算 ピンク

Visitor:このスキーマのルート可算ディメンションは Visitor です。

Session:親は Visitor。

非正規 黄色 DenormalPage:親は Page View。
派生 Next Page:親は Page View。
多対多 ピンクとグリーン(親からのステムはピンクで、ディメンション名はグリーン) Search Term:親は Session。
数値 グリーン Exact Page Duration:親は Page View。この例では、Exact Page Duration は、非表示の数値ディメンションです。この表の「非表示」ディメンションタイプを参照してください。
シンプル グリーン Page:親は Page View。
時間 グリーン Hour:親は Session。
非表示 非表示ディメンションは、適切なディメンションタイプの色を暗くしたものです。例えば、非表示の数値ディメンションは、明るさを抑えた深緑で表示されます。 Exact Page Duration:親は Page View。

ディメンションのデフォルトのビジュアライゼーションを表示するには

  • Dataset Schemaインターフェイスで、目的のディメンションをクリックします。 デフォルトのビジュアライゼーションが表示されます。例えば、デフォルトのビジュアライゼーションが、セッションと選択ディメンションを表示するテーブルである場合、URI ディメンションをクリックすると、セッションごとの URI のテーブルが Data Workbench に表示されます。
メモ

表示されるデフォルトのビジュアライゼーションを変更する場合は、『Data Workbenchユーザーガイド』の「インターフェイスと分析機能の設定」の章を参照してください。

ディメンションの特定のビジュアライゼーションを表示するには

  • Dataset Schemaインターフェイスで、目的のディメンションを右クリックし、Add Visualization / <visualization type>​をクリックします。

このページ