ビジュアライゼーション

ビジュアライゼーションは、ダッシュボードキャンバスに追加される要素で、様々な指標およびディメンションベースのデータを表示するように設定されます。

すべてのダッシュボードは、1つ以上のビジュアライゼーションで構成されます。 各ビジュアライゼーションは、ダッシュボードキャンバス上の他のすべてのビジュアライゼーションとは独立して、作成、削除、サイズ変更および再設定できます。

また、ビジュアライゼーションはインタラクティブであり、ユーザーはビジュアライゼーション内の1つ以上のデータ要素に選択範囲を作成することで、データをすばやくセグメント化できます。 1つのビジュアライゼーション内で選択を行うと、キャンバス上の他のビジュアライゼーションにリアルタイムでフィルターが動的に適用されます。 これにより、キャンバス上のすべてのビジュアライゼーションに同じデータがレンダリングされます。

ビジュアライゼーションには8種類あります。 各画像は、他のビジュアライゼーションとは独立して、追加、サイズ変更、設定および削除できます。 ビジュアライゼーションには、Data WorkbenchアーキテクトによってData Workbenchで定義されたデータが表示されます。

次の8種類のビジュアライゼーションを使用できます。

  • 縦棒グラフ
  • 棒グラフ
  • 折れ線グラフ
  • テーブル
  • 指標の凡例
  • 円グラフ
  • 散布グラフ
  • リッチテキスト

ビジュアライゼーションユーザーインターフェイス

ビジュアライゼーションのヘッダー部分には、ビジュアライゼーションのタイトルとビジュアライゼーションツールが含まれています。これらのツールは、ビジュアライゼーションのタイプと状態に応じて異なります。 ビジュアライゼーションの本体は、コンテンツを含み、表示されるビジュアライゼーションのタイプと設定に依存します。 ビジュアライゼーションツールは、マウスがビジュアライゼーションウィンドウに入ったときにのみ表示されます。 それ以外の場合は、非表示になります。

  • ビジュアライゼーションのタイトル このビジュアライゼーションについて説明します。 タイトルは自動的に生成されるか、カスタムタイトルで手動で上書きされます。
  • 表示金額。 ビジュアライゼーションの対象となるディメンションについて、表示されるデータの量と使用可能な合計量を表示します。
  • サンプルインジケーター 視覚化されたデータがサンプルであり、完全なクエリ結果ではない場合に表示されます。
  • ビジュアライゼーションツール ビジュアライゼーションに対して特定の操作を実行します。 使用できるツールは、ビジュアライゼーションのタイプ、状態、現在のユーザー権限に応じて異なります。
  • ビジュアライゼーション本体 ビジュアライゼーションの設定に従ってデータを表示します。 この領域はインタラクティブで、表示されるビジュアライゼーションのタイプに応じて異なります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now