ダッシュボード内での選択

ダッシュボード内のデータは、選択を使用して簡単にセグメント化および調査できます。

選択は、ビジュアライゼーション内の特定の要素をクリックして、ダッシュボード内のデータのセグメント化方法を特定することでおこなわれます。 あるビジュアライゼーションで選択を行うと、ダッシュボード内の他のビジュアライゼーションで表されるデータがセグメント化されます。 任意の数の選択をいつでも行ったり、調整または削除したりでき、ユーザーがデータを操作して分析情報を導き出すよう促します。

ダッシュボードを保存する際、選択内容の状態は保存時に保持されます。 同様に、ダッシュボードを読み込むと、保存中に保持された選択は、ダッシュボードの読み込み時に有効になります。

選択は、ダッシュボードのビジュアライゼーションの1つ内の1つ以上のデータ要素をクリックすることで実行できます。 データ要素は、棒グラフの棒、列グラフの列、テーブルの行などで表されます。 選択範囲は作成時にハイライト表示され、ビジュアライゼーション内で選択を行うと、ビジュアライゼーションの境界線がオレンジ色になります。 正確な選択方法は、使用するビジュアライゼーションのタイプによって異なります。

ビジュアライゼーションから選択された各項目に対して、項目も選択メニューに表示されます。 このエントリは、選択したディメンション名を使用して一覧表示され、ビジュアライゼーションごとに1つの選択項目が表示されます。

メモ

視覚化されたデータは、選択がおこなわれるたびに自動的に更新されるわけではありません。 代わりに、目的の選択を行った後に、データをセグメント化してビジュアライゼーションを更新するために、更新を開始する必要があります。

このページ