用語集

ダッシュボードを含む、Data Workbenchの最もよく使用される用語と機能です。

プロファイル

プロファイルは、データセットを定義します。 プロファイルには、特定の主題に関するデータと、そのデータを使いやすい分析コンポーネントに分類するデータが含まれます。 プロファイルは、Data Workbench内で作成および管理され、Adobeアプリケーションからアクセスできるようになります。 プロファイルは、通常、特定の目的(マーケティングやWebサイトトラフィックの分析など)を満たすように設計され、Dimension、指標、フィルターと呼ばれる一連の分析コンポーネントを定義します。

ディメンション

Dimensionは、データタイプに似たカテゴリです。 例えば、曜日ディメンションは、次のデータ要素で構成されています。日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日。 特に、ディメンションは測定対象の詳細を示します。 ダッシュボードでは、Data Workbench内でディメンションが定義され、Adobeアプリケーションを通じてアクセスできるようになります。 各ディメンションは、ダッシュボードインターフェイス内で一意の名前を持ちます。

指標

指標は、定量化可能な式によって定義される定量オブジェクトです。 例えば、Page Views per Sessionは、ページビュー数をSessions数で割った値を基にした式から得られます。 指標は、「数」という質問に答えます。 ダッシュボードでは、指標はData Workbench内で定義され、Adobeのアプリケーションからアクセスできます。 各指標は、ダッシュボードインターフェイス内で一意の名前を持ちます。

フィルター

フィルターを使用すると、特定の方法でデータをセグメント化できます。 フィルターは、データを結果全体のサブセットに減らし、多くの場合、データに関する一意の視点を提供するために組み合わせます。 ダッシュボードでは、フィルターはまずData Workbench内で定義され、Adobeアプリケーションからアクセスできるようになります。 各フィルターは、ダッシュボードインターフェイス内で一意の名前を持ちます。

このページ