ウィンドウデータのエクスポート

特定のウィンドウ内のデータを Excel ファイル(.xls または .xlsx)やタブ区切り値ファイル(.tsv)にエクスポートできます。

グラフ、パスブラウザー、プロセスマップ、散布グラフ、グローブからはデータをエクスポートできません。

ウィンドウデータをMicrosoft Excelにエクスポートする

個々のウィンドウデータを Microsoft Excel にエクスポートするには、以下の要件を満たしている必要があります。

  • Microsoft Excelは、Data Workbenchと同じマシンにインストールする必要があります。
  • Data Workbench処理を実行しているユーザーアカウントには、Microsoft Excelへのアクセス権が必要です。
  • データを Excel ファイルとしてエクスポートする場合、Excel の新しいインスタンスが開かれます。
  • Data Workbenchでは256列を超え、65,536行のデータをサポートしていますが、8.0より前のバージョンのMicrosoft Excelではサポートしていません。

これらの要件を満たす場合、Export To Excel​メニューオプションを選択すると、Data Workbenchは自動的にMicrosoft Excelを起動し、新しいExcelブックにデータをエクスポートします。

ウィンドウデータを .xls または .xlsx ファイルにエクスポートするには

ウィンドウの上の枠を右クリックし、 Export > Export to Excel​をクリックします。

Excel で、エクスポートしたデータを含む新しいブックが開かれます。(次の節で説明するように)カスタムタイトルを指定しない限り、このワークブックの名前はExport title(上の例のDay Table)を使用して付けられます。

カスタムタイトルを適用

(ExportメニューのCustom titleフィールドを使用して)ウィンドウのカスタムタイトルを指定する場合、Data Workbenchがデータをエクスポートするワークシートには、Export titleフィールドのタイトル(上の例の日付テーブル)ではなく、このカスタムタイトルを使用します。

ビジュアライゼーションにカスタムタイトルを適用するには

  1. ウィンドウの上の枠を右クリックし、「Custom title」フィールドをクリックします。
  2. you

ビジュアライゼーションをExcelにエクスポートする際、このウィンドウのデータを含むワークシートには、Export titleフィールドのタイトルの代わりに、指定したタイトルを使用して名前が付けられます。

ウィンドウデータをTSVファイルにエクスポート

ウィンドウを .tsv ファイルにエクスポートするには

ウィンドウの上の枠を右クリックし、 Export > Export TSV​をクリックします。

  1. Save Windowダイアログボックスが開きます。
  2. ファイルを保存するディレクトリに移動します。必要に応じてファイル名を変更し、「Save」をクリックします。

このページ