ビジュアライゼーションでの選択

ビジュアライゼーション内で要素を選択すると、データセットが動的にフィルタリングされます。

ビジュアライゼーションで選択を行うと、そのワークスペース内の他のビジュアライゼーションがすべて自動的に更新され、選択した要素のみに関連するデータが反映されます。

次のワークスペースでは、映画テーブルで映画『Cocktail』(カクテル)が選択されています。このワークスペースでは、Score テーブルと指標の凡例の表示が、選択した要素について自動的にフィルタリングされます(つまり、表示には映画『Cocktail』についてのデータが反映されます)。

この例で示したように、選択を行うと、ビジュアライゼーションのまわりにグローが表示され、ビジュアライゼーション内で選択されていない要素は暗く表示されます。データセット全体との比較を容易にするために、ベンチマークと呼ばれる細い白線が横向き棒グラフに表示され、フィルタリングされていない元のデータの形状を示します。ベンチマークについて詳しくは、「 ベンチマークについて.

選択を行うには

散布グラフと凡例を除き、少なくとも 1 つのディメンションを表示するビジュアライゼーションでは選択を行えます。

以下のマウス操作やキー操作を使用して必要な要素を選択します。

設定値… 使用するシーケンス
1 つの要素を選択 クリック
ある範囲の要素を選択 クリックしながらドラッグ
現在の選択に要素を追加 Ctrl キーを押しながらクリック
1 つの選択を解除 Shift キーを押しながらクリック
すべての選択を解除(つまり、すべての要素を再選択) ビジュアライゼーション内の任意の値を右クリック

選択を解除するには

以下のマウス操作やキー操作を使用して選択を解除します。

設定値 使用するシーケンス
1 つの選択を解除 Shift キーを押しながらクリック
すべての選択を解除(つまり、すべての要素を再選択) ビジュアライゼーション内の任意の値を右クリック

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now