Annotating visualizations

プレゼンテーションレイヤーを使用して、ワークスペースビジュアライゼーションのマークアップおよび注釈の付与を行ってから、引き出し線とコメントを付加して発行することができます。テキスト説明、グラフィックオブジェクト、引き出し線矢印、色分け、画像およびその他の機能のオーバーレイへの追加によって注釈を付加し、重要なデータポイントを明確化したうえで、関係者と共有します。

ビジュアライゼーションに注釈を追加します。

  1. ワークスペースを開きます。

  2. ファイルプレゼンテーションレイヤー​を選択します。

  3. プレゼンテーションレイヤーを許可」をクリックします。

    このメニューでコマンドを切り替えて、プレゼンテーションレイヤーの生成を許可または拒否します。プレゼンテーションレイヤーが許可されている場合は、チェックマークが表示されます。

    プレゼンテーションレイヤーを許可すると、ツールバーの右側にクリック可能なアイコンが表示されます。

    このクリック可能なアイコンは、「プレゼンテーションレイヤーを非表示」モードになっているが、注釈を見ることができないということを示します。

  4. アイコンをクリックして、「プレゼンテーションレイヤーを表示」に切り替えます。

    プレゼンテーションレイヤーに注釈が表示されます。

    このクリック可能なアイコンは、「プレゼンテーションレイヤーを表示」モードになっているが、注釈を編集できないということを示します。

    メモ

    ワークスペース内で右クリックし、メニューコマンドを使用してモードを変更することもできます。

  5. 引き出し線機能を編集して追加します。

    アイコンを再度クリックしてワークスペースビジュアライゼーションの静的表現を取得し、オーバーレイを開いて注釈を付加または編集します。

    このクリック可能なアイコンは、注釈を付加および編集するための「プレゼンテーションレイヤーを編集」モードになっていることを示します。

    編集モードになっている間は、グレーのオーバーレイが表示されます。

  6. 引き出し線機能を追加します

    ビジュアライゼーションを右クリックし、新しいテキストボックス、矢印およびその他の引き出し線機能を追加して、プレゼンテーションを強調したり、注釈を付与したりします。

  7. グラフィック機能を設定します

    グラフィックオブジェクトを選択し、右クリックしてオプションを設定します。ボックスや他のグラフィックオブジェクトの色の設定、テキストボックスのテキスト設定の調整、矢印の追加または線の階層化の設定を行うことができます。

  8. ワークスペースに画像を追加します

    右クリックして .png 画像および .jpg 画像をオーバーレイに追加し、サイズを変更します。

  9. グラフィックオブジェクトに色を割り当てます

    プレゼンテーションレイヤー内のオブジェクトを選択し、カラーピッカーを使用して色を割り当てることができます。

  10. プレゼンテーションレイヤーをエクスポートして共有します

    ワークスペースビジュアライゼーションに注釈を付加してから、ビジュアライゼーションと一緒にプレゼンテーションレイヤーをエクスポートして、.png グラフィックファイルとして共有することができます。

    エクスポートPNG を書き出し​をクリックします。

このページ