データセットスキーマインターフェイスの設定

デフォルトのビジュアライゼーションを変更する手順です。

プロファイル*profile name*\Context\Dimension Legend folder of the Data Workbench server installation folderにファイルを追加することで、Dataset Schema Interfaceでディメンション名をクリックしたときに表示されるビジュアライゼーションのタイプを制御できます。 このフォルダーにある Default.1d ファイルによって、すべてのディメンションのデフォルトのビジュアライゼーションのタイプが制御されます。このフォルダーに「ディメンション名. ファイル」(Hour.1d.1d など)を追加して、その特定のディメンションのデフォルトのビジュアライゼーションを制御できます。

Dataset Schema Interfacesについて詳しくは、データセットスキーマインターフェイスを参照してください。

デフォルトのビジュアライゼーションを変更するには

  1. 任意のワークスペースで、新しいデフォルトのビジュアライゼーションに表示するデータを含むビジュアライゼーションを作成します。

    例えば、横向き棒グラフでディメンションを表示する場合は、目的の指標およびディメンションを表示する横向き棒グラフのビジュアライゼーションを作成します。

  2. 引き出し線ウィンドウの上の枠を右クリックし、「Save」をクリックします。

  3. Saveウィンドウで「」をクリックし、「Context」をダブルクリックしてから、「Dimension Legend」をダブルクリックします。

  4. File Nameフィールドに、ディメンション名を入力します。

    .1dファイルの名前は、ディメンションの名前と完全に一致する必要があります。 例:Hour.1d。

  5. ファイル拡張子を「1d」に変更し、「Save」をクリックします。

    ファイルは、User*working profile name*\Context\Dimension Legend folderフォルダーに保存されます。

    次にDataset Schema Interfaceでそのディメンションをクリックすると、指定したビジュアライゼーションが表示されます。

  6. (オプション)この変更を作業プロファイルのすべてのユーザーが利用できるようにするには、次のようにします。

    1. Profile Managerで「Context」をクリックし、「Dimension Legend」をクリックします。

    2. User列で、新しい引き出し線のファイル名の横にあるチェックマークを右クリックし、Save to > <working profile name>​をクリックします。

このページ