サーバーファイルマネージャーの作成

サーバーファイルマネージャーには、設定ファイルや参照ファイルを含む、Data Workbenchサーバーインストールディレクトリ内のすべてのディレクトリが表示されます。

Server Files Managerの一部にアクセスする場合は、ディレクトリ構造全体を移動する必要はなく、特定のニーズに対処するために一部のサブディレクトリのみを表示する必要もあります。 例えば、 Access ControlサブディレクトリとUsersサブディレクトリのみを表示する個別のServer Files Managerを作成して、ユーザーとそのアクセスを管理できます。

作成するマネージャごとに.vwファイルが必要です。 Server Files.vwファイルをテンプレートとして使用できます。

Server Files Managerについて詳しくは、サーバーファイルマネージャーを参照してください。

サーバーファイルマネージャーを作成するには

  1. Profile Managerで、Menu​ディレクトリ、Admin​ディレクトリの順にクリックします。 Server Files.vwファイルはここに配置されています。

  2. profile name​列で、Server Files.vwファイルのチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。 User 列にそのファイルのチェックマークが表示されます。

  3. User列のServer Files.vwファイルのチェックマークを右クリックし、Open / from the workbench​をクリックします。 Server Files.vwファイルが開きます。

  4. ディレクトリを削除するには、Server Files Managerの上の枠を右クリックし、Server Directories / Remove / <directory name>​をクリックします。

  5. ディレクトリを追加するには、Server Files Managerの上の枠を右クリックし、Server Directories / Add / Directory​をクリックします。

    ディレクトリの URI を「URI」フィールドに入力し、「OK」をクリックします。

    メモ

    URIフィールドに複数のディレクトリを指定できます。 例えば、 Profiles\Marketing\と入力した場合、サーバーファイルマネージャーにはMarketingサブディレクトリが含まれますが、Profilesディレクトリ内の他のサブディレクトリは含まれません。

  6. Server Files Managerの上の枠を右クリックし、「Save」をクリックします。

  7. 新しいマネージャを作成するには、「File Name」フィールドのファイル名を変更し、「Save」をクリックします。 既存のマネージャを上書きするには、Save​をクリックします。

  8. (オプション)作業プロファイルのすべてのユーザーが変更を利用できるようにするには、User列の.vwファイルのチェックマークを右クリックします。

    次に、Save to > <working profile name>​をクリックします。

このページ