ロックされたワークスペースの設定

Data Workbenchは、特定のユーザーのみが特定のワークスペースを変更できるように設定できます。

ワークスペースがロックされていても、ユーザーは大部分のビジュアライゼーション内に選択範囲を作成したり、テーブルのデータを並べ替えたりできますが、それ以外のワークスペースの変更はできません。この機能は、ユーザーがワークスペースに意図しない変更を行うことを防ぎます。

次の 3 つの要素が連携してワークスペースのロックを制御します。

  • **または​workspace name.lock ファイル:**folder.lockfolder.lock ファイルは、特定のフォルダー内のワークスペースをロックするかどうかを指定します。name.lockworkspace ファイルは、特定のワークスペースをロックするかどうかを指定します。

  • ユーザーのInsight.cfgファイル内の Unlock パラメーター:​このパラメーターは、ロックされているワークスペースをユーザーが一時的にロック解除できるかどうかを指定します。

  • 一時的にロック解除メニューオプション:​ユーザーの Insight.cfg 内の Unlock パラメーターが true に設定されている場合、ロックされている各ワークスペースのタイトルバーメニューにこのオプションが自動的に表示されて、ユーザーにロック解除手段を提示します。

folder.lock ファイルと name.lockworkspace ファイルについては、以下の節を参照してください。Unlockパラメーターの設定について詳しくは、Unlockパラメーターの設 定を参照してください。 このオプションについて詳しくは、 Temporarily Unlock menu 「ワークスペースのロ ック解除」を参照してください。

このページ