ページオーバーレイの設定

ページオーバーレイは Site アプリケーションでのみ設定できますが、他のアプリケーション用にも設定可能です。

別のアプリケーション用のページオーバーレイの設定については、Adobe Consulting Services にお問い合わせください。

ページオーバーレイのビジュアライゼーションは、HTML リンク分析のためのツールです。特定のページのオーバーレイを要求すると、Data Workbenchは、Webブラウザーに表示される実際のページのスナップショットを取得し、定義した正規表現のリストに従って、リンクを表すHTMLコードを解析します。 選択されたページ上のリンクごとに、data workbench は最初の一致が見つかるまでリストを下方向に探し、正規表現パターンの一致を見つけようと試みます。一致が見つかった場合、そのリンクはページオーバーレイでハイライト表示されます。

ページオーバーレイを含むワークスペースに色凡例を追加すると、ページオーバーレイにはデータのみが表示されます。

メモ

ページオーバーレイの設定は慎重に行う必要があり、リンクが不適切にデータにマッピングされると、誤った結果が生じる可能性があります。 特定のサイトのページオーバーレイの設定に伴う作業は、そのサイトのページの HTML コード内でリンクがどのように表されるかによって異なります。

本来、ページオーバーレイは、「クリックする場所」を表示するメンタルモデルをユーザーに示します。ビジュアライゼーションの背後にあるデータがこのモデルに一致しない場合、混同が生じる可能性が高くなります。

Site では、リンクは次の URI ディメンションまたは次のリンクディメンションの要素を表すことが一般的ですが、分析に対して意味を持つ任意のディメンションにリンクをマッピングできます。他のアプリケーション用のページオーバーレイの設定については、Adobe Consulting Services にお問い合わせください。

メモ

ページオーバーレイに対してページディメンションを使用することはお勧めしません。 ユーザーは Page(ページ)ディメンションの要素名を変更できるので、その結果、ページオーバーレイ機能が依存するリンク構文も変更されます。

Site 用のページオーバーレイを設定するには、次の 2 つのファイルを編集する必要があります。

  • Page Overlay.vw: このファイルは、ページオーバーレイのビジュアライゼーションを作成するためのテンプレートファイルです。ページオーバーレイを設定するプロファイル内に、少なくとも 1 つのテンプレートファイルが必要です。

  • Page Overlay Link Templates.cfg: ページオーバーレイビジュアライゼーションがページを読み込むと、ページ内のリンクとその宛先が自動的に識別されます。これらのリンクをデータ内の要素に関連付けるには、このファイルに一連の正規表現を定義する必要があります。

    ディメンションの要素と照合する複数の正規表現を定義できます。表現を定義する順序が重要です。特定のページのオーバーレイを要求すると、Data Workbenchは、Webブラウザーに表示される実際のページのスナップショットを取得し、定義した正規表現のリストに従って、リンクを表すHTMLコードを解析します。 選択されたページ上のリンクごとに、data workbench は最初の一致が見つかるまでリストを下方向に探し、正規表現パターンの一致を見つけようと試みます。ディメンション要素に最初に一致した表現が使用されます。したがって、最も限定的な照合パターンを最初に、あまり限定的でない表現が後になるように、正規表現をリストする方法が最適です。一致が見つかった場合、そのリンクはページオーバーレイのビジュアライゼーションでハイライト表示されます。

Site 用のページオーバーレイを設定するには

  1. I

    Profile Managerで、Context > Dimension Element > URI​に移動します。

    メモ

    Dimension要素ディレクトリには、ディメンション要素を右クリックしたときに表示されるコンテキストメニュー項目が含まれます。 例えば、URI テーブルを開いてから、URI 要素を選択します。URI を右クリックすると、ページオーバーレイが表示されます。

  2. URIフォルダーで、Page Overlay.vwファイルの横のチェックマークを右クリックし、「Make Local」をクリックします。 このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。

  3. 新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open / in Notepad​をクリックします。

  4. ドメイン(および必要に応じてブラウザーの高さ)を指定します。

    window = simpleBorderWindow: 
      client = scrollWindow: 
        client = PageOverlay: 
          URI Template = string: http://%Domain%%Element%
          URI Parameters = map: 
            Domain = string: domain name
            Element = ref: Element/Name
          Dim = ref: wdata/model/dim/URI
          Dim Element = ref: Element/Name
          Level = ref: wdata/model/dim/Page View
          Group = ref: wdata/model/dim/Session
          Browser Height = int: browser height
      pos = v3d: (518, 202, 0)
      size = v3d: (810, 610, 0)
      titleBar = editor: 
        size = v3d: (61, 19, 0)
        text = string: 
    
  5. ファイルを保存します。

  6. この変更を作業プロファイルのすべてのユーザーが利用できるようにするには、Profile Managerで、User列の.vwファイルのチェックマークを右クリックし、Save to / <working profile name​をクリックします。

    メモ

    他のサイトやサブドメイン用に、追加のテンプレートファイルを作成できます。 作成した各テンプレートは、Page Overlay menuに表示されます。

  7. Profile ManagerのContextフォルダーで、Page Overlay Link Templates.cfgファイルの横のチェックマークを右クリックし、Make Local​をクリックします。

    このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。

  8. 新しく作成されたチェックマークを右クリックし、Open / from the workbench​をクリックします。

  9. Link Templates​を右クリックし、Add new / Regular Expression​をクリックします。

  10. 必要に応じて、LinkRegex ベクトルのパラメーターを編集します。

パラメーター 入力する情報

ディメンション

リンクが表すディメンション(通常は次の URI ディメンション)。

Dimension の次の要素を探すため、HTML リンクの関連部分の選択に使用される正規表現。正規表現は完全一致でなければなりません。また、目的の出力パターンを丸括弧でグループ化します。正規表現について詳しくは、『データセット設定ガイド』を参照してください。

Output Pattern

Dimension パラメーターから得られる要素の抽出に使用される正規表現の出力パターン。

以下のファイル例は、3 つの正規表現を示しています。

  1. ファイルを保存するには、ウィンドウ上部の​(modified)​を右クリックし、「Save」をクリックします。
  2. この変更を作業プロファイルのすべてのユーザーが利用できるようにするには、User列のPage Overlay Link Templates.cfgのチェックマークを右クリックし、Save to / <working profile name​をクリックします。

このページ