引き出し線の設定

引き出し線は、ビジュアライゼーション内の特定のディメンション要素からなるバーチャルな選択範囲を使用して新しいビジュアライゼーションを作成することによって、特定のディメンション要素に注意を向けます。

You can add or edit callouts by configuring the callout files stored in a Profiles*profile name*\Context\Callout folder of the Server installation folder. ワークシートのビジュアライゼーション内の特定の指標に注意を向ける引き出し線は、指標引き出し線と呼ばれます。指標引き出し線ファイルは、Profiles*profile name*\Context\Metric Callout folderフォルダーに保存されます。

引き出し線または指標引き出し線をビジュアライゼーションに追加する手順については、「ワークスペー スへの引き出し線の追加」を参照してください。

新しいタイプの引き出し線を作成するには

  1. 任意のワークスペース内に、新しい引き出し線タイプに表示するデータを含むビジュアライゼーションを作成します。例えば、引き出し線をテーブルにしたい場合は、目的の指標とディメンションを表示するテーブルのビジュアライゼーションを作成します。

  2. Right-click the top border of the callout window and click Save.

  3. In the Save window, click , double-click Context, then double-click Callout. In the File Name field, type a name for the file and click Save. 引き出し線ファイルは、User*working profile name*\Context\Callout folderフォルダーに保存されます。

    メモ

    引き出し線に名前を付ける場合は、ビジュアライゼーションのタイプと、表示される指標とディメンションを反映するわかりやすい名前を選択します。 例えば、Day(日)ディメンションに対する Sessions(セッション)指標を示すテーブルのビジュアライゼーションから引き出し線を作成する場合、その引き出し線に「Sessions by Day Table(日別のセッションテーブル)」という名前を付けられます。

  4. (オプション)この変更を作業プロファイルのすべてのユーザーが利用できるようにするには、次のようにします。

    1. で、をクリ Profile Managerックし、を Context​クリックしま Callout​す。 This folder contains all of the visualization files ( .vw) that define the existing callout types.

    2. Right-click the check mark next to the file name of the new callout in the User column and click Save to > <working profile name>.

引き出し線を指標引き出し線に変更するには

  1. で、をクリ Profile Managerックし、を Context​クリックしま Callout​す。 This folder contains all of the visualization files ( .vw) that define the existing callout types.

  2. Right-click the check mark next to the file name of the type of callout that you want to change and click Make Local. ファイルがローカルコンピューターにダウンロードされると、User 列にチェックマークが表示されます。

  3. Right-click the check mark next to the file name in the User column and click Open > In Notepad.

  4. Locate the metric_y = ref: entry in the callout file and replace the existing value with the word Metric. 以下のファイルの一部でハイライトされているテキストは、Metric という語を挿入する場所を示しています。

    window = simpleBorderWindow: 
      client = graph: 
        bars = bool: true
        dim_x = ref: wdata/model/dim/dimension name
        lines = bool: false
        metrics = vector: 1 items
          0 = gr_metric: 
            metric_y = ref: Metric
            yaxis = axisLegend: 
              max_value = double: maximum y-value
              min_value = double: minimum y-value
              zoom_max = double: maximum y-zoom
              zoom_min = double: minimum y-zoom
    . . . 
    
  5. クリック File > Save As. ウィンドウ Save As で1回クリックし、ダブルクリックしま Metric Callout​す。 In the File Name field, type a name for the file and click Save. 指標引き出し線ファイルは、User*working profile name*\Context\Metric Callout folderフォルダーに保存されます。

  6. (Optional) To make this metric callout available to all users of the working profile, in the Profile Manager, right-click the check mark next to the file name in the User column and click Save to > <working profile name>.

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free