式の構文

数式の構文ルールです。

  • 式の中では、キーワードは大文字と小文字の区別があり、表示どおりに正確に入力する必要があります。

  • 式の中では、スペースを含む指標名、ディメンション名およびフィルター名には、単語の間にアンダースコアを使用する必要があります。例:Page_Views

  • 式の中の文字列では、特定の一重引用符、二重引用符およびバックスラッシュにエスケープが必要です。次に例を示します。

    • “can’t” は有効で、エスケープする必要はありませんが、受け入れ ‘can’t’ られないので、エスケープする必要がありま ‘can\’t’す。

    • c:\windows は、とエスケープする必要があり c:\windowsます。

このページ