S/FTP配信を使用したセグメントのエクスポート

FTP プロトコルおよび SFTP プロトコルを使用して、CSV、TSV、セグメントエクスポート、セグメントのヘッダー付きエクスポートで、セグメントファイルをクライアント(ワークステーション)からサーバーにエクスポートできます。

SFTP/FTP エクスポート設定ファイルの設定

エクスポート設定を行うため、FTP 接続または SFTP 接続を設定するための 2 つの新しいエクスポート設定ファイルが追加され、サーバーの詳細を FTPServerInfo.cfg ファイルから選択したり、資格情報を FTPUserCredentials フォルダー(コマンド引数で指定された Server Name に対応)から選択したりできるようになりました。

  • FTPServerInfo.cfg ファイルを設定します。

    FTP サーバー情報を入力し、ワークステーションから許可される接続リトライ回数を設定します。Edit from the workstation or the server at Server\Addresses\Export\ FTPServerInfo.cfg file.

    FTP Servers = vector: 1 items 
      0 = ftpServerInfo:  
        Address = string:  
        Name = string:  
        Port = int: 21 
    Connect Retries = vector: 1 items 
      0 = connectServerRetries:  
        Retries = int: 0 
        Server Name = string:
    
  • FTPUserCredentials.cfg ファイルを設定します。

    Enter user credentials to connect to servers using the Server\Admin\Export\ FTPUserCredentials.cfg file. このファイルには、サーバーに接続するために必要なユーザー資格情報が格納されていて、ワークステーション(クライアント)からではなくサーバーからのみ編集できます。

    FTP User Credentials = vector: 1 items 
      0 = ftpUserCredInfo: 
        User Name = string:  
        User Password = EncryptedString:  
        Server Name = string:  
        Public Key Path = string:  
        Private Key Path = string:  
        Passphrase = EncryptedString:
    
    メモ

    認証用に生成するSSHキーの形式が、SSH Keygenコマンドを使用した場合に生成されるSSHキーと同じであることを確認します。

    keygen を使用して SSH キーを生成する例は次のとおりです。

    ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "<label>"
     

    FTPUserCredentials.cfg ファイルには、各種 FTP または SFTP 転送に必要な 6 つのパラメーターがあります。

    1. User Name **
    2. User Password **
    3. Server Name
    4. Public Key Path
    5. Private Key Path **
    6. Passphrase
    プロトコル パラメーター

    FTP

    パラメーター 1、2、3 を設定します。

    パスワード認証を使用する SFTP

    転送でパスワード認証を使用する(コマンド引数に -p)場合は、パラメーター 1、2、3 を設定します。

    鍵認証を使用する SFTP

    転送で鍵認証を使用する(コマンド引数に -k)場合は、パラメーター 1、2、3、4、5、6 を設定します。

FTP および SFTP エクスポートコマンドの設定

  1. エクスポートテーブルを開きます。

    ワークステーションから、詳細テーブル​**​を右クリックし、CSV、TSV、セグメントエクスポートまたはセグメントのヘッダー付きエクスポートのいずれかのエクスポートタイプを選択します。または、コマンドプ .export ロンプトからファイルを開いて編集します(「書き出すセグメ ントの設定」を参照)。

  2. Command ** フィールドを、エクスポート実行形式ファイルを指すように設定します。

    ExportIntegration.exe
    
  3. 必要とされるプロトコルと認証に応じて、Command Arguments ** フィールドを以下のように設定します。

    FTP

    <Command Arguments> set to  
    <ftp "%file%" ServerName ServerDestinationPath>
    

    SFTP(認証にパスワードを使用する場合)

    <Command Arguments> set to  
    <sftp "%file%" ServerName ServerDestinationPath -p>
    

    SFTP(認証に鍵を使用する場合)

    <Command Arguments> set to  
    <sftp "%file%" ServerName ServerDestinationPath -k>
    

すべての Command Arguments は必須であり、図のように入力する必要があります。

S/FTP export using private/public keys

秘密鍵および公開鍵を使用して FTP および SFTP エクスポートを実装するには、次のフォルダーに設定ファイルを配置します。

  • Place FTPServerInfo.cfg in the Server/Addresses/Export/ folder.
  • FTPUserCredentials.cfg をフォルダーに 配置し Server/Admin/Export/ ます。

次の 6 つのパラメーターが FTPServerInfo.cfg に含まれています。

  1. User Name **
  2. User Password **
  3. Server Name
  4. Public Key Path
  5. Private Key Path – 次の例のとおり、拡張子なしで設定ファイルに秘密鍵のパスを配置できます。

Private Key Path = string: E:\Server\campaign\campaignprivatekey

  1. Passphrase

FTPでは、パラメータ1、2、3を使用します。

転送でパスワード認証を使用する場合、SFTPはパラメータ1、2および3を使用します。

キー認証を使用して転送が完了すると、SFTP はすべての 6 つのパラメーターを使用します。認証にキーを使用している場合は次のとおりです。

‘Command Arguments’ = sftp “%file%” ServerName ServerDestinationPath -k

設定ファイルは正しい場所に配置する必要があります。

メモ

The public keys need to point to a .pem file and not to a folder location. Cygwin などのアプリケーションから SSH キー生成機能を使用してキーを作成できます(Putty は、サポートされていない .ppk 形式でキーを生成します)。

このページ