Adobe Targetへの書き出し

詳細テーブルから TargetBulkUpload.exe ファイルを使用して、Data Workbench を Adobe Target へエクスポートします。

Data Workbenchでは、ファイルを書き出して、統合されたAdobe Experience Cloudの一部としてAdobe Targetと統合できます。

TargetBulkUpload ファイルは、サーバーインストールファイルにある Server\Scripts フォルダーにあります。実行可能ファイルには再試行ロジックおよびパフォーマンスを最適化する追加ロジックがあります。

アップロードスクリプ TargetBulkUpload.cfg トを実行する前に、フ ァイルを変更し、Server /Admin/Exportフォルダーに移動できます。 例えば、「最大タイムアウト間隔」を720分(デフォルト)に設定して、指定した期間が経過した後にアップロードをタイムアウトにすることができます。

動作の仕組み

データがTargetに正常に送信された後、アップロードのステータスは継続的に監視されます。 アップロードが成功すると、成功メッセージが記録されます。 アップロードが失敗した場合や保留中の場合は、監視が続行されます。 ファイル内でタイムアウトの間隔を設定で TargetBulkUpload.cfg きます。 アップロードがTargetで停止した場合は、メッセージがログに記録され、ステータスを監視できます。

トリガーされたエクスポートのトレースには、次の2つのログファイルが生成されま /server/Trace/す。

  • targetbulkuploadexportname.log
  • targetbulkuploadexportname.log.completed

ファイ targetbulkuploadexportname.log ルには、複数のバッチのすべてのレコード、対象となるエッジサーバー、およびステータス(成功、失敗、プロファイルが見つからない、ステータスが不明、停止)の詳細なステータスが含まれます。 バッチがスタックしていることが検出された場合、そのバッチは処理されません。 スタックバッチURLを使用して、ステータスを追跡できます。 ファイルの次のデータ例を参照してく targetbulkuploadexportname.log.completed ださい。

1205057 total rows 
568740 successful 
62 failed 
28964 profile not found 
112169 unknown status 
492339 stuck status

stuckステータス値は、アップロードが成功したか失敗したかに関係なく、スタックバッチの合計サイズで増加します。 また、合計行数の値も、同じ数のスタックバッチサイズだけ増分されます。

メモ

Previously, DWB data was exported using the ExportIntegration.exe. 現在は、MMP、CRS および S/FTP エクスポートのみがこの実行可能ファイルで使用されています。Adobe Target integration now uses the TargetBulkUpload.exe in Data Workbench.

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now