ワークスペースウィンドウメニューの使用

このメニューにより、利用できるビジュアライゼーションをワークスペースに追加できます。

ワークスペースウィンドウで(ワークスペースの背景の任意の場所で)右クリックします。

メモ

Data Workbenchの実装は完全にカスタマイズ可能なので、表示されるメニュー項目は、この節に記載されている内容と異なる場合があります。

次の表で、各メニュー項目について説明します。

メニューオプション 説明
テーブル 選択したディメンションに基づいてワークスペースにテーブルを追加します。詳しくは、「 ビジュアライゼーショ ンとテーブル の操作
ビジュアライゼーション 選択したビジュアライゼーションタイプ(例えば、グラフやテーブル)と選択したディメンションに基づいてワークスペースにビジュアライゼーションを追加します。詳しくは、「 ビジュアライゼーションと分析ビ ジュアライゼ ーションの操作
凡例 ワークスペースに凡例を追加します。凡例を参照。
注釈 画像、テキストまたは動的タイトルウィンドウをワークスペースに追加します。注釈を参照してください。
Open

  • ファイル」オプションにより、既存のビジュアライゼーションに移動して開けます。
  • クリップボード」オプションにより、前にコピーしたウィンドウを開けます。これはコピーしたウィンドウの貼り付けと同じです。

管理者 管理インターフェイスの見出しです。詳しくは、「 管理インターフェイス .
データ

  • (Site でのみ利用可能)「切断セッションフィルター」オプションにより、ページビューが 1 つだけの訪問者をすべて除外できます。このような訪問者は、ほとんどの場合、ロボット、スパイダーまたは Cookie をオフにしたユーザーなので、これらのセッションを分析から除外することにより、正確な分析を行えます。データ切断セッションフィルターをクリックすることによって、フィルターのオン/オフを切り替えられます。切断セッションフィルターが有効になっている場合、「切断セッションフィルター」メニューオプションの左に X が表示されます。デフォルトでは切断セッションフィルターがオンになっていますが、読み込むワークスペースごとに個別にその状態が保持されます。そのため、ワークスペースごとに切断セッションフィルターのオン/オフを切り替えられます。
  • サブセット」オプションでは、データサブセット<subset name> をクリックすることにより、表示するデータサブセットを選択できます。サブセットの操作を参照してください。
  • 自動生成レポート時刻」オプションでは、レポート時刻指標とデータセットとの同期が維持されます。デフォルトでは有効になっています。

このページ