ワークスペースファイルメニュー

ワークスペースファイルメニューで利用できるメニューオプションに関する情報です。

ワークスペースで、File​をクリックします。

次の表で、各メニュー項目について説明します。

保存

ワークスペースを保存します。詳しくは、「 ワークスペースの保存.

名前を付けてコピーを保存

ワークスペースを別の名前で、または別の場所に保存します。詳しくは、「 ワークスペースの保存.

元に戻す

現在のワークスペースを最後に保存したバージョンに戻します。

ワークスペースを再適合

使用している表示解像度にビジュアライゼーションのサイズを変更します。この機能は、ディスプレイをプレゼンテーションに合わせてすばやく調整するのに役立ちます。

ページサイズ

ワークスペースの作業ページサイズを設定します。「画面にフィット」、「標準」またはコンピューター画面、印刷ページおよびレポート用の特定のサイズを選択できます。「画面にフィット」を選択すると、ご使用の特定の画面にフィットします。「標準」は、お客様の会社の標準的な画面サイズに合わせることのできる設定です。デフォルトの「標準」設定では、1024 x 768 の解像度を使用する画面にフィットします。

ワークスペースをコピー、.pngファイルとして保存、または印刷した場合も、出力にこのページサイズが使用されます。 Data Workbenchのビジュアライゼーションよりも大きいページサイズではスクロールバーを使用しますが、小さいサイズは画面の中央に配置され、ワークスペースの周囲に明るいグレーの境界線が表示されます。

説明

ワークスペースのテキストの説明を作成したり編集したりできます。このテキストは、サムネールの下のWorktopに表示されます。 「ワークスペースへの説明の追加」を参照してください。

バックグラウンドで計算

(オンラインで作業している場合のみ表示されます)ユーザーが作業を続行している間、選択したワークスペースのクエリーがバックグラウンドで引き続き実行されます。選択すると、サムネールにクエリーの進行状況を示す次の情報が表示されます。

  • 作業中 : n% - クエリーが処理中であることと、完了した処理の割合を示します。
  • n MB クエリーの読み込み - クエリー結果の合計サイズ。クエリ読み込みは、Data Workbenchサーバーのメモリ読み込みの合計に比例しますが、直接の相関はありません。 ガイドラインとして、10 MB 以上のクエリーの読み込みは、システムに過大な負担をかける場合があります。表示されるクエリーの読み込みでは、クラスタリングが考慮されていません。
メモ

「バックグラウンドで計算」を選択したままにすると、選択したワークスペースのクエリが常設クエリになり、更新が継続され、メモリ読み込みを使用し続けます。 ワークスペースでの作業を終了するときに、必ず「バックグラウンドで計算」の選択を解除してください。

閉じる

ワークスペースを閉じます。Close/Save​をクリックしてワークスペースで行った変更を保存するか、Close/Don’t Save​をクリックしてワークスペースで行った変更を保存せずにWorktopに戻ります。

また、次のいずれかの方法を使用して、変更を保存し、ワークスペースを閉じて、Worktopに戻ることもできます。

  • ワークスペースの左上隅にあるData Workbenchロゴをクリックします。
  • マウスにナビゲーションボタンがある場合、マウスの「戻る」ボタンをクリックします。

また、Ctrl+Backspace​キーを押さずにワークスペースを閉じると、変更を無効にできます。

テンプレートからエクスポート

Microsoft ExcelがData Workbenchマシンにインストールされている場合は、Microsoft Excelを自動的に開始し、特定のビジュアライゼーション、特定の凡例、テキスト注釈のデータを、選択したテンプレートExcelファイル(.xlsまたは.xlsx)にエクスポートします。 詳しくは、「テンプレート Excel ファイルにエクスポートする」を参照してください。

このページ