ワークスペースのエクスポート

ワークスペースを .png 画像ファイルとしてエクスポートしたり、特定のウィンドウのデータを Excel(.xls または .xlsx)ファイルにエクスポートできます。

ワークスペースをPNGファイルとして書き出す

ワークスペースのスナップショットは、Portable Network Graphic形式(.pngファイル)で保存できます。 ワークスペースを.pngファイルとして保存する場合は、次のカラーオプションを使用できます。

  • 暗い背景​は、ワークスペースを表示されているとおりにコピーします。
  • 明るい背景​は、ワークスペースの要素をカラーでコピーし、白色背景で表示します。
  • モノクロ​は、ワークスペースの要素をグレースケールでコピーし、白色背景で表示します。

ワークスペースを .png ファイルとしてエクスポートするには

ワークスペースのタイトルバーメニューで、Export/Export PNG/<color option>​をクリックします。

Save Image Asダイアログボックスが開きます。

ファイルを保存するディレクトリに移動し、必要に応じてファイル名を変更して、Save​をクリックします。

ワークスペースデータをMicrosoft Excelにエクスポート

ワークスペースを Excel にエクスポートする場合、Data Workbench は、特定のビジュアライゼーションのデータ、ディメンションと値の凡例、テキスト注釈を、ワークシートごとに 1 つのビジュアライゼーションを持つ新しい Excel ブックにエクスポートします。

ワークスベースと個々のウィンドウを Microsoft Excel にエクスポートするには、以下の要件を満たしている必要があります。

  • Microsoft ExcelがData Workbenchと同じマシンにインストールされている必要があります。
  • Data Workbench処理を実行しているユーザーアカウントには、Microsoft Excelへのアクセス権が必要です。
メモ
  • データを Excel ファイルとしてエクスポートする場合、Excel の新しいインスタンスが開かれます。この処理について詳しくは、http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/257757 を参照してください。
  • Data Workbenchでは256列を超えるデータと65,536行のデータをサポートしていますが、バージョン8.0より前のMicrosoft Excelではサポートしていません。

これらの要件を満たしている場合、Data Workbenchは自動的にMicrosoft Excelに開始し、データを新しいExcelブックにエクスポートします。 グラフ、パスブラウザー、プロセスマップ、散布グラフ、グローブのビジュアライゼーションからはデータをエクスポートできません。

カスタムタイトルの適用

Exportメニューでウィンドウのカスタムタイトルを指定していない限り、リストに表示されるExport title(City Tableなど)がワークシート名として使用されます。

  1. ウィンドウの上の枠を右クリックし、Custom title​フィールドをクリックします。

  2. ウィンドウに適用するタイトルを入力します。

メモ

Custom titleフィールドにハイフン(-)を入力した場合、このビジュアライゼーションはワークスペースと共にエクスポートされません。

ワークスペースをExcelにエクスポートする場合、このウィンドウのデータを含むワークシートには、Export titleフィールドのタイトルではなく、指定したタイトルを使用して名前が付けられます。

ワークスペースまたはサイドバーをExcelにエクスポート

ワークスペースデータを新しい .xls または .xlsx ファイルにエクスポートするには

  1. ワークスペースのタイトルバーで、Export/Export​をクリックします。
  2. ワークスペースをエクスポートするか、サイドバーをエクスポートするか、両方をエクスポートするかを指定します。

テンプレートExcelファイルにエクスポート

ワークスペース内のデータをテンプレートExcelファイル(.xlsまたは.xlsx)にエクスポートできます。 テンプレートファイルを使用すると、ワークスペースをエクスポートするたびにデータのフォーマットに要する時間を短縮できます。

メモ

このテンプレートファイルは.xltファイルではなく、.xlsファイルまたは.xlsxファイルでなければなりません。

データをエクスポートすると、テンプレート内の既存のタブ区切りシート(それぞれが 1 つのビジュアライゼーションを表す)にワークスペースの最新データが再設定されますが、タブ区切りシートとしてテンプレートに存在していない新しいウィンドウは無視されます。テンプレートファイル内のその他すべてのタブ区切りシートは、変更されないままです。

また、レポートの生成時に自動的に実行したいマクロをテンプレート Excel ファイルに定義した場合は、マクロの名前を「VSExport」にしてください。

テーブルのビジュアライゼーションからエクスポートしたキャンペーンデータを円グラフや Excle ファイルの別のタブ区切りシートで使用して、この情報を週ごとに更新するものとします。テンプレートを使用すると、データを更新するたびにテーブルのタブ区切りシートから円グラフのタブ区切りシートへの参照を作成し直す必要がなくなります。テーブルデータはエクスポート時に更新され、それによって円グラフが自動的に更新されます。

ワークスペースデータをテンプレート .xls または .xlsx ファイルにエクスポートするには

  1. ワークスペースのタイトルバーを右クリックし、Export/Export to Excel from Template​をクリックします。

  2. ワークスペースをエクスポートするか、サイドバーをエクスポートするか、両方をエクスポートするかを指定します。

    Select a template worksheetダイアログボックスが開きます。

  3. 必要に応じて、以下の手順のどちらかを完了します。

    • .xlsテンプレートファイルを使用している場合:

      1. テンプレート.xlsファイルを参照して選択します。
      2. Open」をクリックします。
    • .xlsxテンプレートファイルを使用している場合:

      1. テンプレートファイルの場所を参照します。.xlsxファイル名は表示されません。

      2. File nameフィールドに.xlsxと入力し、Open​をクリックします。 すべての.xlsxファイル名がファイルリストーに表示されます。

      3. テンプレート.xlsxファイルを選択します。

      4. Open」をクリックします。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now