ワークシートでの引き出し線の使用

ワークシートの情報をより明確にするため、引き出し線を追加して、特定の指標に注意を向けることができます。

デフォルトでは、Data Workbenchには次のタイプの指標の引き出し線が用意されています。

  • 注釈
  • 空白のバー
  • 空白の折れ線グラフ
  • 空白の散布グラフ

ワークシート内で計算した指標を含むワークスペースに新しいビジュアライゼーションを追加するには、棒グラフ、折れ線グラフまたは散布グラフの引き出し線として指標の引き出し線を追加します。指標の引き出し線は選択範囲として機能するため、ワークスペース内のその他すべてのビジュアライゼーションに影響を与えます。

profile name\Context\Metric Callout folder of the Serverインストールフォルダーに保存されている引き出し線ファイルを設定することで、指標引き出し線のデフォルトのディメンションを変更したり、新しいタイプの引き出し線を追加したりできます。 「引き出し線の設定」を参照してください。

このページ